SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Mike Tyson: Undisputed Truth / 日本未公開 (2013) (TV) 1332本目

マイク・タイソンの独り舞台!え?って感じでしょ??何やるんだよーー!!って思うでしょ?そんなみんなの「え?何??」を見事に裏切ってくれてますよ。演出はスパイク・リー。これは久々にスパイク・リーのマジックが働いた感じがした。会場の作り方から、タイソンの台詞まで、NYをゴリゴリに主張させております。

で、所で独り舞台でマイク・タイソンは一体何をしたんだよ!って事ですよね。歌あり、踊り...はあったような無かったような?でもあれはある意味舞かもしれない..があったり、変装あり、カツラあり、ボクシングあり...で、マイク・タイソンが自分の人生を語っております。とにかく、マイク・タイソンの唯一無二なあのキャラクターが生かされた舞台なのです。私が以前見たジェームス・アール・ジョーンズやローレンス・フィッシュバーンと言った名優の独り舞台と比べちゃいけないけれど、確かに名優のようなはっきりとした台詞回しはある訳がないが、絶対に飽きさせない間を作らないのがマイク・タイソンの舞台。飽きる&ダレる瞬間が無い。タイソンの人生は生まれた時から既に唯一無二な存在だった。「父」という存在が2人も居るのだから。そこから自分の口で自ら語っていくタイソン。そしてタイソンをチャンピオンにまでさせた指導者カス・ダマトとの仲を目をキラキラと輝かせながら語るタイソン。「初めての恋さ!」といいながらも、ズタズタに最初の妻Robin Givens (ロビン・ギヴンズ)を批判していくタイソン。その後の数々のスキャンダルの顛末を面白く語りながらも核心をつくタイソン。そして転落し底を見てしかも娘を事故で失うも、今は新しい家族と共に全うな道を進んでいるタイソン。全てがマイク・タイソンであり、自ら語るのである。

ロビン・ギヴンスの悪口が一番面白かったかな?凄ーーーい嫌味。しかもロビンはタイソンの別れた直後に無名時代のブラッド・ピットと付き合っていたので、タイソンがピットと鉢合わせした話が最高に面白かった!タイソンはロビンと付き合って結婚していた時には、ロビンの事を本当に好きだったんだろうなーっていうのは伝わってきた。でもそれ故に、あの裏切りは傷ついて、今は憎いんでしょうな。2人の有名な話は、タイソンとロビン2人そろってTVインタビューを受けた時に、もうロビンは別れを決心していて、タイソンが隣に居るのに「結婚生活はずっと苦痛だった。最初の日から」と語った事。この舞台では、そのビデオを見ながら、タイソンが突っ込んでいる。タイソンは「俺はブロードウェイで、あいつは今どこだ?全然見ないな。俳優としても俺が上」と話していた。確かに最近ロビン・ギヴンス見ないよね。タイソンの方が映画で見るわ。ちなみにロビンは、アサイラムの映画に出たり、タイラー・ペリー・ワナビーな黒人舞台演出家の小さな舞台に出ております。

チャンピオンとして頂点に立ったときに、過去の対戦者ミッチ・グリーンと繰り広げたストリート・ファイトについて話すマイク・タイソンが、最高にコミカル。動きも派手で、言葉使いも乱暴。でもその瞬間が見事に観客の脳裏に再現出来るような描写をしていくのだ。ミッチ・グリーンの真似が妙に上手かった。

共和党の大統領候補か?と言われているミット・ロムニーの写真が「白人なんか怖くねーよ」っていう部分で出るんだけど、タイソンは「この写真はジョージ・ジマーマンの方が良かったかもな」と、素晴らしい返しをしていた。あそこはやっぱりスパイクが言わせたのかな?とも思う。

この舞台全体で、マイク・タイソンは実に好きな事を好きなように語っているように見えて、実は緻密に計算されて語っているようにも思えるのだ。でもそれはタイソンというか、裏方の人々(筆頭はスパイク・リー)が見事にタイソンを操ったようにも感じる。でもそんな中で、マイク・タイソンはキラキラと目を輝かせて自分自身を語ろうとしていた。カス・ダマトを失って以来、自分の場所をやっと見つけたんじゃないかな?そんな感じがした。

感想やあらすじやオフィシャルサイトはこちら

(4.5点/5点満点中:2/7/15:DVDにて鑑賞)