SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Through the Fire / 日本未公開 (2005)

Cast >> Sebastian Telfair, Rick Pitino, Dwayne Tiny Morton, Jay-Z, Dwight Howard, Shaun Livingstone ...
Director >> Alistair Christopher, Jonathan Hock
Producer >> Jonathan Hock, Philip A. Aromando, Diane Houslin, Christopher Kenneally, Asha Rubin
Genre >> Documentary
Country >> USA

総合ポイント 4.5点/5点満点中
内容 >> 4 演技 >> N/A 演出 >> 4 音楽 >> 5

"Don't let 'em see you limpin', dog!"
セバスチャン・テルフェア。NBAのスーパースターであったステフォン・マーブリーの従兄弟であり、彼と同じリンカーン高校にてそのマーブリーを凌ぐ勢いで活躍中のバスケットボール選手。大きな期待を受けながらも、それに負けずに活躍し、名門ルイビル大学への進学を示唆していたが、彼の目の前にはもっと巨大な期待が掛けられていたのだった。進学かNBAへか、悩むテルフェアを追うドキュメンタリー。

巨大なお金が動くアメリカの企業。NBAというスポーツ団体も例外ではない。そのスター選手を取り囲む環境は、どんなスポーツドラマよりも熱く、そしてどんなウォールストリート系映画よりも成金趣味で、どんな昼ドラよりもドロドロしている。そんな中で笑顔を忘れないセバスチャン・テルフェアは天使のように無垢でいて、それすらを楽しむ大人にも見えた。でも時折見せる彼の苦悩と混乱の表情が忘れられない。それでも夢に向かう。彼がそれに向かわせるのは、家族という存在だ。母の存在、そしてその同じ夢をもうちょっとで掴むところで掴み損ねた兄の存在がある。

コートを離れた選手を観る度に、彼等がどれだけのものを持ってコートに掛けているのかが分かり熱くなる。どうして私はNBAにこんなに惹かれるのか?そこには巨額な富が待っているから故の、選手達の苦悩と努力に満ちた汗だったのだ。なので最後はやはり涙がつい出てしまう。希望に満ちたラストも最高だ!

(12/26/14:DVDにて鑑賞)