SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
*駒草出版 WEBにてBLM(ブラック・ライヴズ・マター)を理解するための5本を寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 2月号にて「オールタイム・シスターフッド映画30」と「イケメン女優名鑑BIG5」に寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 1月号にて監督4名について、そして『40歳の解釈: ラダの場合』レビューを寄稿。(11/21/20)
*映画秘宝 12月号にて『ラヴクラフトカントリー 恐怖の旅路』について寄稿。(10/21/20)
*映画秘宝 11月号にてチャドウィック・ボーズマンの追悼文を寄稿。(9/19/20)
*映画秘宝 10月号にて『サミュエル・L・ジャクソン in ブラック・ヴァンパイア』、『行き止まりの世界に生まれて』について寄稿。(8/21/20)
*映画秘宝 9月号にて『ザ・ファイブ・ブラッズ』レビュー&キャスト、最新ブラックムービー&ドラマ10選、ブルース・リー『Be Water』レビューを寄稿。(7/21/20)
*ミュージック・マガジン 8月号「ブラック・ライヴズ・マター」特集の「映画ガイド」にて29作選出、11作を解説を寄稿。(7/20/20)
*FRIDAYデジタルにて「映画が描いてきた「Black Lives Matter」の深層」というコラムを寄稿。(6/18/20)
過去記事

Dreams of Dust / 日本未公開 (2006)

Cast >> Makena Diop (Mocktar), Rasmane Ouedraogo (Thiam), Adama Ouedraogo (Amade Sana), Souleymane Soure (Pate), Fatou Tall-Salgues (Coumba), Joseph B. Tapsoba (Tidiane) ...
Director >> Laurent Salgues
Writer >> Laurent Salgues
Genre >> Drama
Country >> Burkina Faso

総合ポイント 5点/5点満点中
内容 >> 5 演技 >> 5 演出 >> 5 音楽 >> 5

"I like you much better when you were poor"
モクター(マケンナ・ディオプ)はニジェールから仕事を求めてフルキナファソの金炭鉱までたどり着いた。しかし既にゴールドラッシュは20年前に終わっており、過酷な仕事だけが待っていた。故郷を置いて出てきたのには訳があった。そんな状況の中でも、仕事仲間のティアム爺(ラスマネ・ウエドラオゴ)や、夫を亡くした若い女性コウンバ(ファトゥ・トール=サルグ)とその娘マリアマがモクターの心を癒すのだが...

フランス人が制作したアフリカ映画。これが中々美しい作品であった。冒頭からの砂漠の映像。そこから湧き上がってくるように出てくる人々。最初はそこで何が行われ、そしてなぜ地下から出てくるのか分からなかったが、徐々にそれがどうしてなのかが語られていく。既に枯れた金炭鉱で過酷な労働条件の中働いている人々。それぞれに事情があって、そんな生活をしている。そして彼等は互いに助け合い、励ましあい、そして慰めあう。他の人にとっては監獄暮らしような生活でも、彼等にはどこか居心地が良かったりするのだ。そんな所で男が自分を見つめなおし、人を救う事で自分も救われようとする。でも人はまた状況によって変わってしまう。ティアム爺のように。

塵が舞う中での塵の夢。夢は塵と共に消えていく。美しく、儚く。

(12/13/14:ストリーミングで鑑賞)