SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

The Weird World of Blowfly / 日本未公開 (2010) 1312本目

これね、見つけたときに見たいーーーー!!ってなったけれど、ネットフリックスのDVDには入荷せず。買おうかなーとも思ったけど、買うのもなーと悩む事2年。そしたら、ネットフリックスのストリーミングにあった系。これから増えますよ。本当ーーーに一杯あるんだもの!

ブロウフライ。ラメの沢山入ったスーパーヒーローみたいな衣装とケープをまとい卑猥な替え歌やラップや歌を歌う、御歳69歳(撮影時)。しかし正式な名前はクラレンス・リード。実はマイアミ・ファンク・シーンを牽引した1人で、グエン・マックレーやKC&ザ・サンシャイン・バンドにベティ・ライトなどというミュージシャンに曲を提供していた、尊敬すべきミュージシャンである。しかし、今でもブロウフライとして小さなクラブで「日本に行けば、ゴジラにフ@$クしてやったぜ!」と悪い足を引き釣りながらラップしているのだった... そんなブロウフライの不思議な世界を追う。

濃い。思っていた以上に濃厚。『Dolemite / ドールマイト (1975)』などでお馴染みのルディ・レイ・ムーアの世界が好きならば、このブロウフライの不思議な世界も好きな筈!しかもこちらのブロウフライは音楽に関していえば、本当に本格派。本物である。ファンク!!ルディ・レイ・ムーアにはハスラーとかピンプぽさがあったが、こちらのブロウフライはなんていうか単なるスケベ親父という印象が残る。女で儲けるというよりも、女が好きで好きで追っている感じ。というか、小学生とか中学生で止まっている感じもする。あのアイザック・ヘイズとセッションしている映像が流れるんだけど、一緒に歌っているのがオーティス・レディングの「Sitting On The Dock Of The Bay」の替え歌なのだけど、シッティングの部分がHが入るのね。つまり「う○こ」。さすがのアイザック・ヘイズも小学生ぽい笑顔。もったいないセッション...orz アホか!!

しかし、チャックDやアイスTもインタビューを受けていて、その中でチャックDは「彼のラップ・ダーティは、俺たちのファイト・ザ・パワー!を書く上で影響を非常に受けたんだ!」と語っていた。いいのか、チャックD!そんな事言っていいのか?あの名曲がぁ... と、その「ラップ・ダーティ」は、1965年に書いたので、ブロウフライは「俺がラップの先駆者!」と語っております。出た!しかもアメリカのツアーでは、あのフィッシュボーンのベースが参加しているのよ!彼も6年生の時に「ラップ・ダーティ」を聴いて衝撃を受けたと語っていた。

ドイツのバンドDie Arzteというバンドに呼ばれてドイツで彼等のオープニングアクトとして結構大きなライブに出演したりするけれど、若いファンはかなり口ぽかーんで、しまいにはわざと後ろ向きに座られたりと、酷い待遇に遭う。でもそのバンドはブロウフライを尊敬しているのだった。でも次の日にはすっかり修正してきて、若いファンたちも喜んで見ている。プロよ。

そんなブロウフライは、離婚して今はお母さんと暮らしている。年金は月にたった630ドル(約6万)。本来ならば、印税で儲けている筈。何しろ、ビヨンセが「Upgrade U」で彼の曲(クラレンス・リード名義)をサンプルしているのだから!でも、残念ながら2003年に税金などの支払いの為に、自分の曲のロイヤリティを諦めなくてはならなかった。それでも音楽をやっていなかったら?という質問に、「これがずっとやってきた事だから。俺は最後までブロウフライで居続ける」と答えるのだった。ファンクだよ、ファンク!これがファンク!!生き方は不器用でも、音楽を愛し続ける姿勢と、音楽に掛ける人生!ファンク!なんか分からないが、見終えた後にミドルフィンガーで「ラップ・ダーティ」を口ずさんでしまうのでした...

感想やオフィシャルサイトなど

(4.5点/5点満点中:12/14/14:ストリーミングにて鑑賞)