SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
*駒草出版 WEBにてBLM(ブラック・ライヴズ・マター)を理解するための5本を寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 2月号にて「オールタイム・シスターフッド映画30」と「イケメン女優名鑑BIG5」に寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 1月号にて監督4名について、そして『40歳の解釈: ラダの場合』レビューを寄稿。(11/21/20)
*映画秘宝 12月号にて『ラヴクラフトカントリー 恐怖の旅路』について寄稿。(10/21/20)
*映画秘宝 11月号にてチャドウィック・ボーズマンの追悼文を寄稿。(9/19/20)
*映画秘宝 10月号にて『サミュエル・L・ジャクソン in ブラック・ヴァンパイア』、『行き止まりの世界に生まれて』について寄稿。(8/21/20)
*映画秘宝 9月号にて『ザ・ファイブ・ブラッズ』レビュー&キャスト、最新ブラックムービー&ドラマ10選、ブルース・リー『Be Water』レビューを寄稿。(7/21/20)
*ミュージック・マガジン 8月号「ブラック・ライヴズ・マター」特集の「映画ガイド」にて29作選出、11作を解説を寄稿。(7/20/20)
*FRIDAYデジタルにて「映画が描いてきた「Black Lives Matter」の深層」というコラムを寄稿。(6/18/20)
過去記事

Dreams of Dust / 日本未公開 (2006) 1311本目

最近、やっとネットフリックスのストリーミングにも加入しまして...なんでもっと早くに入っていなかったんだ!と後悔。いいねー。DVDメニューにたどり着くまでのもどかしさもなく、宣伝・予告もなくいきなり映画が始まるのも超好き!そしてもうDVDでもない映画とかもあったりするし、DVDは入れないのにストリーミングはあったりもするし。何しろ届くのを待たないで、見たいと思った瞬間に見れるのがいいね。たまーに届いた頃にはもう熱が冷めている時があるから。でも、唯一の欠点がいつまでもストリーミングにあると思うなよ!です。この映画も12月14日以降は見れないという事なので急いでみました!そしたら、普通にDVDでも借りられたらしい。ちぇっ。まあいいです。超面白かったから!

ブルキナファソの砂漠で砂嵐の中、人々が穴の中から這い上がってきた。そこにやってきたのが、ニジェールから仕事を求めてやってきた男モクター(マケンナ・ディオプ)だった。どうやらそこは金炭鉱らしい。働く人々を見張っているのが、アマデ(アダマ・ウエドラオゴ)。いちいちうるさい男であったが、モクターの手を見て「お前は農業やってたな。そんな男に勤まるとは思わないが、仕事はやる」と、その過酷な金炭鉱で働く事になった。同じ班は、面倒見のいいティアム爺(ラスマネ・ウエドラオゴ)と体の大きく仏頂面のパテ(スレイマン・ソウレ)と明るいテディアネ(ジョセフ・B・タプソバ)であった。そして彼等の周りにいつも居るのが、夫を亡くした若い女性コウンバ(ファトゥ・トール=サルグ)とその娘マリアマであった。慣れない仕事に戸惑い失敗もするモクターであったが、彼は何かから逃れるようにその金炭鉱にたどり着いたのだった...

まーー、美しいこと!最初の砂漠のシーンから美しい!でもこの作品、アフリカ人が撮ったアフリカ映画ではないんですよ。フランス人のロラン・サルグの作品。しかも彼はあのコッポラも出たUCLAで脚本などを学んでいる人物。で、これ書いている時に気がついたんですが、この映画のヒロインであるコウンバを演じたファトゥ・トール=サルグとラストネームが同じなのですが、彼女と結婚しているのかな?滅茶苦茶綺麗なヒロイン!でもこの監督の作品、この1本だけなんだよね、今の所。

しかしブリンブリン...金金ジャラジャラ...所謂アクセサリーってなんだろうねーと思っちゃうよね。私は元々あんまり興味なく、普段は結婚指輪くらいしかしていないけれど、益々そういう物に興味を失うわ。『Blood Diamond / ブラッド・ダイヤモンド (2006)』しかし、この映画しかり、命がけで採掘しているのに、本当の意味での富を得ているのは採掘者でもなく、他の人だよね、結局。こういう映画を見ると、その大きさとか値段の高さで自慢げにつけているのを見ると、なんだかねーって思っちゃいますよね。で?っていう感じ。まあこの映画のテーマでもあるんだと思うんですが、所有する事とは?ですよね。思いがあるなら、手放すこともあるかもしれないという。主人公は過去をずっと引きずっているので余計に。やっと心の拠り所を見つけたけれど、それを彼等の為に手助けして手放す。そうする事で自分も解放されるかもしれない。でも...なんですよ。

そして、ああアフリカの黒人も白人のダンスについてはバカにするんだー!って思いました。内緒ですけど、アメリカの黒人たちは影でメッチャ言ってますよ。集まると言ってますよ。良く耳にしますから。それで盛り上がって、違う話に展開して、やっぱり俺たち最強説に辿りつき、何でや!と私は思っているのですが、まあそういうところが可愛いんですよね。でも、それはアフリカでもなんだーと思いましたね。いや本当の所は分からないけどね。だって上にも書いた通り、この映画はフランス人監督が書いた脚本なので。というか、監督も言われたのかな?だからかな?

感想やあらすじやオフィシャルはこちら

(5点満点:12/13/14:ストリーミングで鑑賞)