SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Beyond the Lights / 日本未公開 (2014)

Cast >> Gugu Mbatha-Raw (Noni Jean), Minnie Driver (Macy Jean), Nate Parker (Kaz Nicol), Danny Glover (Captain David Nicol), Machine Gun Kelly (Kid Culprit) ...
Director >> Gina Prince-Bythewood
Writer >> Gina Prince-Bythewood
Producer >> Stephanie Allain, Reggie Rock Bythewood, Ryan Kavanaugh
Genre >> Romance

総合ポイント 4.5点/5点満点中
内容 >> 4 演技 >> 5 演出 >> 5 音楽 >> 4

"Why you wanna fly Blackbird you ain't ever gonna fly"
ノニは10歳。母親(ミニー・ドライバー)に連れられて、タレントショーに出てニーナ・シモンの「ブラックバード」を熱唱した。自分でも満足だったが、結果は2位。母にこっぴどく怒られた。成長したノニ(ググ・ンバータ=ロー)は、ビルボードアワードに居た。キッド・カルプリット(マシンガン・ケリー)の曲に客演したので、賞を受賞した。アルバムも近々発売する予定で順調であった。しかしその夜、ノニはホテルのベランダの手すりに居た。たまたまシフトを代わってガードしていたLA市警のカズ(ネイト・パーカー)が、そんなノニを救った。メディアには単なる酔って誤ったと説明し、カズはヒーローとして人気となった。カズも将来は政治家の道を狙っていたのだ。しかし、あの夜から互いが気になり、恋に落ちていく二人だったが...

あのジーナ・プリンス=バイスウッドがまたラブロマンス映画を!それだけで彼女の『Love & Basketball / ワン・オン・ワン ファイナル・ゲーム (2000)』ファンならば、ご飯3杯はいけるレベルである。お茶漬けにもごはんですよ!にも勝てるおかず、それがジーナ・プリンス=バイスウッドの名前の効力だ。どんだけ楽しみにした事か。楽しみ過ぎで妄想し過ぎた感じもするが、先に発表されたポスターの完成度がこれまたファンをそそる出来である。今回は、現代の音楽に舞台を移したストーリー。リアーナを思わせる...いやもうリアーナにしか見えないイケイケなノニが心にずっと秘めていた思い。それを救い出そうとするのがネイト・パーカー演じる警察官、いや王子様。これでもか!という位、ステキ過ぎる王子様を完璧に演じている。あれ?こんなにカッコよかったけ?と思ったほど。物語は『ワン・オン・ワン』に比べると、この先カルトになりそうな胸キュン度は多少低いが、メキシコでのシーンはどれもウットリ。いや、その前のネイト・パーカーがTシャツ脱いだ所からもうずっと胸キュンが止まらない。そんな王子様に愛されるググ・ンバータ=ローが最高にチャーミングで愛されキャラのプリンセスだ。

待ってました!待っていたんですよ、こんなラブストーリー!!ディズニー越えの実写版プリンセスと王子様映画!!

( 11/17/14:劇場にて鑑賞)