SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
*駒草出版 WEBにてBLM(ブラック・ライヴズ・マター)を理解するための5本を寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 2月号にて「オールタイム・シスターフッド映画30」と「イケメン女優名鑑BIG5」に寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 1月号にて監督4名について、そして『40歳の解釈: ラダの場合』レビューを寄稿。(11/21/20)
*映画秘宝 12月号にて『ラヴクラフトカントリー 恐怖の旅路』について寄稿。(10/21/20)
*映画秘宝 11月号にてチャドウィック・ボーズマンの追悼文を寄稿。(9/19/20)
*映画秘宝 10月号にて『サミュエル・L・ジャクソン in ブラック・ヴァンパイア』、『行き止まりの世界に生まれて』について寄稿。(8/21/20)
*映画秘宝 9月号にて『ザ・ファイブ・ブラッズ』レビュー&キャスト、最新ブラックムービー&ドラマ10選、ブルース・リー『Be Water』レビューを寄稿。(7/21/20)
*ミュージック・マガジン 8月号「ブラック・ライヴズ・マター」特集の「映画ガイド」にて29作選出、11作を解説を寄稿。(7/20/20)
*FRIDAYデジタルにて「映画が描いてきた「Black Lives Matter」の深層」というコラムを寄稿。(6/18/20)
過去記事

Universal Soldier: The Return / ユニバーサル・ソルジャー/ザ・リターン (1999)

Cast >> Jean-Claude Van Damme (Luc Deveraux), Michael Jai White (S.E.T.H.), Heidi Schanz (Erin Young), Xander Berkeley (Doctor Dylan Cotner), Justin Lazard (Captain Blackburn), Kiana Tom (Maggie) ...
Director >> Mic Rodgers
Writer >> William Malone, John Fasano
Producer >> Daniel Melnick, Michael I. Rachmil, Jean-Claude Van Damme, Allen Shapiro
Genre >> Action
Country >> USA

総合ポイント 3点/5点満点中
内容 >> 3 演技 >> 3 演出 >> 3 音楽 >> 3

"When I was a machine, I yearned to be a man. Now I'm better than both"
リュック・デュブロー(ジャン=クロード・ヴァン・ダム)は戻ってきた。ユニバーサル・ソルジャーとしてアンドリュー・スコットとの死闘を得て、デュブローは今やユニソルの開発に関わっていた。妻は亡くしたが、娘ヒラリーが居た。そのヒラリーの話し相手になっているのが、AIの「S.E.T.H.」(マイケル・ジェイ・ホワイト)だった。しかしユニソルは軍の予算削減のために打ち切りが言い渡される。S.E.T.H.は、食い止めるために体を手に入れ、ユニバーサル・ソルジャーを使い反乱を起こすのだった...

1992年のオリジナルではオープニングに出てくる兵士としてチョイ役だったマイケル・ジェイ・ホワイトが堂々の悪役として登場する続編。主役は変わらずジャン=クロード・ヴァン・ダム。この間には別の人が主役の作品が作られ、サブタイトルは堂々の「ザ・リターン」。マイケル・ジェイ・ホワイトも気合入れて鍛えてきた力作である。が、興行成績&批評家の評価共にコケた。しかしさ、そんな事はマイケル・ジェイ・ホワイトファンにとってはどーでもいい事!オープニングでは見事な体をピクリともせずに見せ付ける私たちのマイケル。しかもクレジットは2番目だ。何かそれだけで良い気がしてきた。年齢的にも一番いい時期であろうマイケルとヴァン・ダムの戦いが見れただけでも良いんじゃないかと思えてきた。物語の幼稚さとかどうでもいい!

マイケル・ジェイ・ホワイトのいい時期のいい筋肉が記録されている作品だ!そう思って見るべき作品。

(3/23/14:DVDにて鑑賞)