SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
*駒草出版 WEBにてBLM(ブラック・ライヴズ・マター)を理解するための5本を寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 2月号にて「オールタイム・シスターフッド映画30」と「イケメン女優名鑑BIG5」に寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 1月号にて監督4名について、そして『40歳の解釈: ラダの場合』レビューを寄稿。(11/21/20)
*映画秘宝 12月号にて『ラヴクラフトカントリー 恐怖の旅路』について寄稿。(10/21/20)
*映画秘宝 11月号にてチャドウィック・ボーズマンの追悼文を寄稿。(9/19/20)
*映画秘宝 10月号にて『サミュエル・L・ジャクソン in ブラック・ヴァンパイア』、『行き止まりの世界に生まれて』について寄稿。(8/21/20)
*映画秘宝 9月号にて『ザ・ファイブ・ブラッズ』レビュー&キャスト、最新ブラックムービー&ドラマ10選、ブルース・リー『Be Water』レビューを寄稿。(7/21/20)
*ミュージック・マガジン 8月号「ブラック・ライヴズ・マター」特集の「映画ガイド」にて29作選出、11作を解説を寄稿。(7/20/20)
*FRIDAYデジタルにて「映画が描いてきた「Black Lives Matter」の深層」というコラムを寄稿。(6/18/20)
過去記事

The Kill Hole / 日本未公開 (2013)

Cast >> Chadwick Boseman (Lt. Samuel Drake), Tory Kittles (Sgt. Devon Carter), Billy Zane (Marshall), Peter Greene (Peter Krebbs) ...
Director >> Mischa Webley
Writer >> Mischa Webley
Producer >> Jonny Gillette, Zach Hagen
Genre >> Action
Country >> USA

総合ポイント 4.5点/5点満点中
内容 >> 5 演技 >> 4 演出 >> 4 音楽 >> 5

"I'm ghost now"
イラク戦争帰還兵のドレイク(チャドウィック・ボーズマン)は、モーテルを転々としながら、ポートランドにて夜のタクシードライバーをしていた。マーシャル(ビリー・ゼイン)が開催している帰還兵を集めたミーティングにたまに参加するが、ただ椅子に座っているだけだった。そのドレイクのタクシーに2人組みが乗り込んできた。彼等は軍の請負業者のえらい人たちで、カーター(トリー・キトルズ)という軍人が任務中に逃げ出し、オレゴンの山奥に要塞を作って住み着き、その業者にとって彼の存在は邪魔だったので、ドレイクに内密に殺してくれと頼んできたのだった。しかもカーターはドレイクの秘密を知っているという。逃げられない任務にしぶしぶドレイクは向かっていくが...

ロサンジェルスの街を震撼させた一人の男、クリストファー・ドナー。勤務していたLA市警に不信感を募らせ、マニフェストまで書いて一人ゲリラを決行した元軍人の男である。この映画はその事件にそっくりな物語だった為に、急遽VODとDVDとなって発売されたのだった。しかも主演は「42」チャドウィック・ボーズマン。またとないタイミングである。しかし巷ではこの映画の評判は余り良くない。が、私は好きだ。美しく壮大なオレゴンワシントン州の景色の中で、黒人の軍人同士のやりあう。そこには同じ仲間という葛藤がある。そしてトリー・キトルズ演じた男カーターの憎しみや憤りが理解出来る。だからこそのドレイクの葛藤や迷い。カーターの殺気とドレイクの憤り、何が彼等をそうさせたのか?戦争とは個人にとって何なのか?それで利益を得ている人たちとは?タイトルの「キル・ホール」。本当の意味での穴とは?答えは簡単なのだ。

体も心も痛めた本物の退役軍人たちが、ミーティングのシーンには登場して、彼等はその心を露にする。そんな彼等のぽっかりと開いた心の穴をどのように埋めてあげられるのだろうか?心が締め付けられるのだ。

(2/22/14:DVDにて鑑賞)