SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Four / 日本未公開 (2013)

Cast >> Wendell Pierce (Joe), Emory Cohen (June), Aja Naomi King (Abigayle), E.J. Bonilla (Dexter), Yolonda Ross (Abigayle's Mother) ...
Director >> Joshua Sanchez
Writer >> Christopher Shinn (play), Joshua Sanchez (screenplay)
Producer >> Christine Giorgio
Genre >> Drama
Country >> USA

総合ポイント 3.5点/5点満点中
内容 >> 3 演技 >> 4 演出 >> 4 音楽 >> 3

"Sounds like a movie theater we always used to go to on Independence Day"
アメリカ独立記念日、高校生のジューンの家族はBBQをしていたが、ジューンは心ここにあらず。母には夜には花火を見に行くと伝えた。そそくさと家を離れ、公衆電話のある駐車場に居た。そして、同じ頃に同じ高校生位の女の子アビゲイル(アジャ・ナオミ・キング)は、ずっとデクスター(E.J.・ボニーラ)と電話で話していた。デクスターは会いたいというが、アビゲイルは無理よと返す。父ジョー(ウェンデル・ピアース)は出張でボストンに居るので、アビゲイルは病気の母の面倒を見なくてはならなかったのだ。そして夜になって、ジューンの待ち人がようやく来た。ジョーだった。2人は初めて顔を合わせた。そして映画館に2人は行った。そこでアビゲイルが父に電話する。「あれ?独立記念日に毎回行っていた映画館の感じがする」と。アビゲイルはデクスターに電話し、来てくれるように頼んで...

父と青年、娘と青年の2組が同じようなドラマを体験していく不思議なドラマ。父と一緒の青年ジューンは、ゲイである事をカミングアウト出来ず悩んでいる。幼馴染もゲイで、彼は公表してオープン。それでも学校では上手くやっている。しかしジューンはそのように出来る自信も勇気もない。そしてゲイである事を確かめる為にも、今回ジョーという男とネットで出会った。バージンだったのだ。そしてアビゲイルは、何かに開放されるかのように、デクスターと寝る。そして、アビゲイルもジューンもその後は会話が無い。好きでやった訳じゃないから。

しかしラストの着地点がぼんやりし過ぎている。また4人が何事もなかったように生活していくというのは無理があるような。とにかく最後は観客にもぼんやりした感情しか残さない映画だ。

(2/24/14:DVDにて鑑賞)