SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
*駒草出版 WEBにてBLM(ブラック・ライヴズ・マター)を理解するための5本を寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 2月号にて「オールタイム・シスターフッド映画30」と「イケメン女優名鑑BIG5」に寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 1月号にて監督4名について、そして『40歳の解釈: ラダの場合』レビューを寄稿。(11/21/20)
*映画秘宝 12月号にて『ラヴクラフトカントリー 恐怖の旅路』について寄稿。(10/21/20)
*映画秘宝 11月号にてチャドウィック・ボーズマンの追悼文を寄稿。(9/19/20)
*映画秘宝 10月号にて『サミュエル・L・ジャクソン in ブラック・ヴァンパイア』、『行き止まりの世界に生まれて』について寄稿。(8/21/20)
*映画秘宝 9月号にて『ザ・ファイブ・ブラッズ』レビュー&キャスト、最新ブラックムービー&ドラマ10選、ブルース・リー『Be Water』レビューを寄稿。(7/21/20)
*ミュージック・マガジン 8月号「ブラック・ライヴズ・マター」特集の「映画ガイド」にて29作選出、11作を解説を寄稿。(7/20/20)
*FRIDAYデジタルにて「映画が描いてきた「Black Lives Matter」の深層」というコラムを寄稿。(6/18/20)
過去記事

The Kill Hole / 日本未公開 (2013) 1206本目

去年、ロサンジェルスでクリストファー・ドーナーという人が一人ゲリラしたのを覚えていますか?元軍人で、元々なりたかった警官になった。けれど、その警察は腐敗しきっていて、ドーナーは勤務中での過ちを全てドナーのせいにされた。幾ら言い訳をしても聞いてもらえず、結果ドーナーだけの過ちとなり公正には裁いて貰えなかったと感じ、それが恨みとなって、裁判官の娘夫婦や警察官を次々と殺していった男。結局は、山奥の方に逃げ込み、小屋に立てこもりそこで囲まれた警察官達に殺された。彼はマニフェストまで書いており、映画好きだった事が伺える。このニュースに黒人の人々は密かに逃げ切れ!と思っていた人も少なくない。ツイッターでは、ドーナーの事を「ランブロ(Rambro)」と呼んでいた。一人で戦ったランボーとブラザーを掛け合わせた言葉。なんで黒人の人々は犯罪者であるドーナーに対してそう感じてしまったかというと...「Sweet Sweetback's Baadasssss Song / スウィート・スウィートバック (1971)」のラストでスウィートバックがメキシコに逃げ切って黒人観客が狂喜したのと同じ理由だ。マニフェストを読んだ黒人は、実際にドーナーが公正に裁かれていないのを痛い程理解し、同情したからだ。

この映画はそのドーナーが起こした事件に似ているため、急遽劇場公開されるという噂だったが、実際にはビデオ・オン・デマンドとDVDにて発売された。しかも「42 / 42〜世界を変えた男〜 (2013)」が公開されたばかりで注目を集めるチャドウィック・ボーズマンが主演。またとないタイミング。ボーズマンは、イラク戦争帰還兵ドレイクを演じている。しかも優秀な兵士だった。しかし今はポートランドで夜中のタクシー運転手。定住地を持たず、モーテルを転々としている。ドレイクと同じ帰還兵が通うカウンセリング(しかもカウンセラーはビリー・ゼイン!)に行くも、ただ椅子に座っているだけだった。ドレイクには触れて欲しくない記憶とトラウマがあった。そんな時にタクシーに2人組みが乗り込んでくる。仕事を頼まれたのだ。逃げ出した軍人カーター(トリー・キトルズ)が山に篭っていて、どうも彼等は狙われている。彼の存在が知れると会社としても良くない。頼んだのはプライベートな軍の請負業者だったのだ。断るドレイクだが、どうやらその逃げ出した軍人はドレイクの秘密を知っているという。逃げ出せなくなった仕事を嫌々受けるドレイクだったが...

この映画のカーターとドーナーが同じ状況。恨みを抱えている。人を殺した事でその恨みは今度倍になって誰かの恨みになるだけなのに。ドレイクはそれを戦場で知った。だから殺すという仕事から逃れたかった。けれど、カーターは恨みを募らせていた。全ては他人のせいなのだ。銃があるんだから、そいつ等を殺しちゃえば全て上手くいく。いかなかったら、自分がその銃で死ぬだけ。恨みというのは、それだけ怖いのだ。

この映画のロケ地はワシントン州オレゴン。ブラックムービーでは珍しいロケ地。美しい山々に囲まれながら、男達が殴りあいをしなくてはならない。なんとも哀しい風景だ。

カウンセリングのミーティングのシーンには、本物の元軍人が出演している。そして「くそ食らえだ!」と率直な意見を吐き出している。なんとも胸が締め付けられる思いだ。

実はうちの夫が仕事の関係で何度もクリストファー・ドーナーと接している。普通の男だったよと言っていた。普通の男がキレた時、それが一番怖いんだよね。

感想やあらすじやオフィシャルサイトはこちら

(4.5点/5点満点中:2/22/14:DVDにて鑑賞)