SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Respect Yourself: The Stax Records Story / 日本未公開 (2007) (TV)

Cast >> Samuel L. Jackson (Narrator), Jim Stewart, Estelle Axton, Al Bell, Deanie Parker, Rufus Thomas, Carla Thomas, Booker T. Jones, Robert Talley, Rickey Vincent, Don Nix, Steve Cropper, Donald Dunn, Wayne Jackson, Jerry , William Bell ...
Director >> Robert Gordon, Morgan Neville
Writer >> Mark Crosby, Robert Gordon, Morgan Neville
Producer >> Mark Crosby, Robert Gordon, Morgan Neville, Rupert Smith, John Walker
Genre >> Documentary
Country >> USA

総合ポイント 5点/5点満点中
内容 >> 5 演技 >> N/A 演出 >> 5 音楽 >> 5

Hitsville vs Soulville... Motown is Sweet, but Stax has funk!
テネシー州メンフィスの黒人街で使われなくなった劇場で、カントリーのレコードレベール「スタックス」を始めたのが弟ジム・スチュアートと姉エステル・アクストンの2人だった。アクストンの息子がマーキーズというバンドを組んでいて、彼等が黒人音楽に傾倒していたのもあって、次第にレーベルはR&Bへと向かっていく。そしてブッカー・T・ジョーンズとアル・ジャクソンがやってきて、マーキーズのメンバー2人の4人で結成されたのが、黒人と白人の混合「ブッカー・T&ザ・MG's」だった。

スタックスが設立された当時のメンフィスは、黒人と白人で真っ二つに分かれていたという。至る所、そして全てが綺麗に分かれていた。しかし、黒人街に出来た「スタックス・レーベル」の劇場は違った。その真っ二つに分かれていたメンフィスで、黒人と白人の混合バンド「ブッカー・T&ザ・MG's」が結成された。彼等はメンフィスだけでなく、アメリカ中を夢中にさせていく。オーティス・レディングという稀代のソウル歌手もやってきて、スタックスは益々繁栄していく。そしてデトロイトモータウンがライバルとなっていた。あちらが「ヒッツビル」なら、こちらは「ソウルビル」。ソウルとファンクが自慢だったのだ。しかしレディングが若くして飛行機事故で亡くなってしまった。更にアトランティックに全てを奪われた。スタックスには悲劇が訪れる。そして、メンフィスの黒人専用ホテル「ロレイン・ホテル」は彼等の第2の会社施設のような感じで、そこで体を休め、そしてプールで遊び、さらには曲がそこで書かれた。しかし、そのホテルでマーティン・ルーサー・キング牧師は暗殺されてしまう。しかし、救世主アイザック・ヘイズが現れる。しかし一度崩れた会社は、どんどん傾いていく...

時代が求め、そして時代が作った名曲の数々。そんな熱くてそして切ない彼等スタックスの物語が名曲とともに鮮明によみがえっているドキュメンタリー。

(12/26/13:DVDにて鑑賞)