SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Jimi Hendrix: Hear My Train a Comin' / 日本未公開 (2013) (TV)

Cast >> Jimi Hendrix (archive footage), Billy Cox, Paul McCartney, Mitch Mitchell (archive footage), Noel Redding (archive footage) ...
Director >> Bob Smeaton
Producer >> Susan Lacy
Genre >> Documentary

総合ポイント 4.5点/5点満点中
内容 >> 5 演技 >> N/A 演出 >> 4 音楽 >> 5

"That's whole your life"
1967年6月18日、カリフォルニアのモントレーにて行われた「モントレー・ポップ・フェスティバル」にて、ジミ・ヘンドリックスはギターを熱っぽく...まるで女を抱くかのように弾いていた。その25年前、ジミ・ヘンドリックスワシントン州シアトルに生まれ、その後父のアルから買ってもらったギターで世界の音楽を変えていく事になった...

特に驚きの新情報やジミ・ヘンドリックスの死の謎に迫る...というドキュメンタリーではないが、ほぼ2時間ある過去の映像や写真や本人や側近のインタビューで、ヘンドリックスの歴史に迫っている。自分で自分を語るのは、苦手そうなのは良く分かった。みんなが口を揃えたように、普段はシャイというのがよく分かる話し方でもある。でもステージでは全く違う。自由。自由過ぎる位に自由に自分を表現していく。時には熱く、時には性的に。そして周りの人々がいかにヘンドリックスを愛していたかも、よく分かった。スタジオエンジニアの人は、特にそれがよく分かる。

ジミ・ヘンドリックスの重厚なドキュメンタリー。マニア受けを狙っていないので、ヘンドリックスを知らない人が見るのにちょうど良い。何しろヘンドリックスの演奏シーンが満載なので、とにかくそれを見ろ!と言いたい。

(11/5/13:TVにて鑑賞)