SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

War Witch / 魔女と呼ばれた少女 (2013)

Cast >> Rachel Mwanza (Komona), Alain Lino Mic Eli Bastien (Commandant-rebelle), Serge Kanyinda (Magicien), Mizinga Mwinga (Grand Tigre Royal) ...
Director >> Kim Nguyen
Writer >> Kim Nguyen
Producer >> Pierre Even, Marie-Claude Poulin
Genre >> Drama
Country >> Canada

総合ポイント 4.75点/5点満点中
内容 >> 5 演技 >> 5 演出 >> 4 音楽 >> 5

"You are my wife, be happy'
とあるアフリカで、14歳のコモナ(ラシェル・ムワンザ)は、身ごもっていた。コモナはお腹の中に居る赤ちゃんに話しかけるのだった...どうして身ごもったのか、そしてどうして反政府軍に入ったのか... 12歳に遡る。村が襲われ、コモナは反政府軍の男たちに囚われた。「殺せ。お前がやらなかったら、俺がやる。もっと苦痛な方法で」と脅されて殺したのは自分の両親だった。それからコモナには幽霊が付きまとう。時にはその幽霊が危険を知らせてくれたのだ。それ故に彼等グループの「戦争魔女」となった。そして自分よりも少し年上で同じく少年兵だったマジシャン(セルジュ・カニアンダ)が優しくしてくれた。2人はある時をきっかけに逃亡し、結婚した...そして...

カナダがアカデミー賞の外国語部門にエントリーし、ノミネートを果たした作品。カナダ出身のキム・グエンが監督。コンゴ民主共和国で撮影し、その国の俳優が演じているが、オフィシャルサイトなどを読む限り、どこか特定の国というよりも、サブサハラアフリカを舞台にした戦争ドラマだ。
1人のまだ少女の女の子。無理矢理兵士にさせられた。女の子だからと言って容赦はしない。重たい物も持たされるし、棒で叩かれる事もある。更には12歳の女の子がAK47を持たされる。これからは、それが父であり母であると教え込まれる。食べ物もまともに無い。そんな時に優しくしてくれたのが、マジシャンである。男同士が喧嘩して取り合っているクッキーを、コモナにあげるのだった。そんな状況では誰もが心開いてしまう。でもそんなマジシャンだってまだまだ少年。必死に頑張る姿がとても魅力的だ。暗く重い話ばかりになるかと思いきや、そんなマジシャンとコモナの恋愛話もあるのでホッとしてしまう。そしてやっぱりまた現実に戻される。

コモナとマジシャンの「小さな恋のメロディ」。しかし戦争や紛争のアフリカでは、それは非常に悲しいメロディを奏でる。でもマジシャンの男らしさと、コモナの女の執念に心動かされたのだった。

(9/16/13:DVDにて鑑賞)