SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
*駒草出版 WEBにてBLM(ブラック・ライヴズ・マター)を理解するための5本を寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 2月号にて「オールタイム・シスターフッド映画30」と「イケメン女優名鑑BIG5」に寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 1月号にて監督4名について、そして『40歳の解釈: ラダの場合』レビューを寄稿。(11/21/20)
*映画秘宝 12月号にて『ラヴクラフトカントリー 恐怖の旅路』について寄稿。(10/21/20)
*映画秘宝 11月号にてチャドウィック・ボーズマンの追悼文を寄稿。(9/19/20)
*映画秘宝 10月号にて『サミュエル・L・ジャクソン in ブラック・ヴァンパイア』、『行き止まりの世界に生まれて』について寄稿。(8/21/20)
*映画秘宝 9月号にて『ザ・ファイブ・ブラッズ』レビュー&キャスト、最新ブラックムービー&ドラマ10選、ブルース・リー『Be Water』レビューを寄稿。(7/21/20)
*ミュージック・マガジン 8月号「ブラック・ライヴズ・マター」特集の「映画ガイド」にて29作選出、11作を解説を寄稿。(7/20/20)
*FRIDAYデジタルにて「映画が描いてきた「Black Lives Matter」の深層」というコラムを寄稿。(6/18/20)
過去記事

"30 for 30" No Mas / 日本未公開 (2013) 1164本目

この事件というか、出来事が起きた時、まだ10歳にもなっていなかったので(はい、生まれてましたけど、何か?)、知らない。でも私と1歳しか変わらないうちの夫は「よーく覚えている」と言っていた。アメリカと日本の違いですかね?文化の違いですかね?それとも夫はシュガー・レイ・レナードが好きだからですかね?でもボクシングファンには、タイトルの「No Mas(ノーマス)」だけで、何のことだかピーンと来る、そんな出来事を追ったドキュメンタリーです。スポーツ専門チャンネルESPNがまたもや制作した「30 for 30」シリーズ。このシリーズ、どこまで続くんだろ?

アメリカではアイドル的な人気となっていたボクサーのシュガー・レイ・レナード。次の対戦相手は、パナマ出身のロベルト・デュランパナマの貧しい地区出身で、粗野で野性味あるボクサー。あのガッツ石松かともWBA世界ライト級チャンピオンを掛け戦いTKOで勝っている。ガッツですら「勝てない」と思ったのがデュランだった。デュランは「とにかくアメリカから勝ちたかった」と語っている。富の象徴でもあるアメリカ。デュランからは、それに勝ちたいという執念心を感じる。そして第1戦。1980年6月20日カナダ・モントリオール。「モントリオールの戦い」。デュランの執念が勝つ。「俺はあのアメリカを倒したのだ!」。パナマは祭になる。デュランは国のヒーローとなった。シュガー・レイは呆然とする。ハワイにバケーションに行ったが心ここにあらず。バケーションを早めに切り上げて、デュランとの再戦を誓う。「今度こそ勝つ」と。今度はシュガー・レイが挑戦者となり、執念心を燃やした。しかしデュランは勝った満足から、パナマとニューヨークでパーティ三昧。体重も増やした。シュガー・レイ側は同じ年の11月に再戦を設定。「ニューオリンズの復讐」。シュガー・レイの本名はレイ・チャールズ・レナード。あの名シンガーであるレイ・チャールズから名前を付けられていたのだった。再戦のスタートを飾るのは、そのレイ・チャールズ本人が歌う「アメリカ・ザ・ビューティフル」。歌い上げた後、レイ・チャールズはシュガー・レイと握手し、何かを耳元で囁いている。この作品でシュガー・レイがそれを「キック・アス!」と言われたと明らかにしている。何かを失っていたデュラン。7ラウンド目に入り、シュガー・レイは突如戦術を変える。遊んで、デュランをイラつかせる戦術に出た。8ラウンド2:44、デュランはグローブを上げ、「No Mas(ノー・マス)」と言った。試合を放棄したのだ。一瞬何が起きたのか分からなかったが、シュガー・レイは勝った。シュガー・レイの兄弟は喜ぶシュガー・レイに向かって「お前がそう(放棄)させたんだ!」と喜んだ。しかし次の朝、マスコミは違った。「八百長」だの書きたてた。デュラン側も「5ラウンド目辺りから、お腹が痛くなった」と説明。太りすぎていたので、下剤を飲んだと話した。

それから33年後。シュガー・レイがあの時の事を話す為にパナマに飛ぶ...

っていうドキュメンタリー。何が面白いって、マイク・タイソン!最近のマイク・タイソンは可愛くて仕方ない!トラブルも最近無いでしょ?そのマイク・タイソンが2人の対戦を1人で話しながらモノマネ?(再現)してます。それが見もの。タイソンは2人の対戦を見てボクサーになる事を決めたと話していた。しかも、あのタイソンの横柄な態度は、第1戦目のデュランが勝った後の態度を真似したとも告白している。そして上↑のレイ・チャールズの秘話も面白いでしょ?本当は5点満点でも良かったんだけど、減らした理由は1点。デュランが「No Mas」についてシュガー・レイに「俺はNo Masって言ってないんだ。レフリーが聞き間違えやがったんだ...」と語りだすんだけど、その告白がなぜか途中からシュガー・レイのナレーションでがぶって全部聞けなくなっている。聞きたかった。全部聞きたかった。監督は「またどうせつまらない言い訳」って思って、シュガー・レイのナレーションをかぶせたのかもしれないけど、やっぱり聞きたかった。そこだけです。

そして1989年12月、あれからほぼ10年後。2人はまた再戦している。ロベルト・デュラン38歳、シュガー・レイ・ロビンソン33歳の時だった。第2戦目からデュランは完全に低迷していた感じを受けるが、彼は90年代もボクサーとして引き続き戦い、2001年50歳で引退。シュガー・レイはデュランとの3戦目ほどなくして引退。97年に復帰しているが、負けている。デュランはシュガー・レイについて「レナードはもう絶対に2度と(ボクシングで)満足する事なんてないんだ」と、レナードの心を見透かしている。

つーか、この2人の戦いみたいに、激しく打ち合うボクシングって最近あんまり見ないよねー。それだけでも見る価値があるってものです!!そしてこのレナードとデュランの戦いは、映画化される。歌手のアッシャーがレナード役、エドガー・ラミレスがデュラン役。ロバート・デ・ニーロが伝説的なトレイナー役。アッシャーは撮影に備えて、めたんこ鍛えて体作ったよー

感想やあらすじやオフィシャルサイトはこちら

(4.75点/5点満点中:10/15/13:TVにて鑑賞)