SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Uptight / 日本未公開 (1968)

Cast >> Julian Mayfield (Tank Williams), Max Julien (Johnny Wells), Raymond St. Jacques (B. G.), Ruby Dee (Laurie), Frank Silvera (Kyle), Roscoe Lee Browne (Clarence), Janet MacLachlan (Jeannie), Juanita Moore (Mama Wells), Dick Anthony Williams (Corbin), Michael Baseleon (Teddy), Ji-Tu Cumbuka (Rick), John Wesley (Larry) ...
Director >> Jules Dassin
Writer >> Jules Dassin, Ruby Dee, Julian Mayfield, Liam O'Flaherty (novel)
Producer >> Jules Dassin, Ruby Dee, Jim Di Gangi
Genre >> Drama
Country >> USA

総合ポイント 5点/5点満点中
内容 >> 5 演技 >> 5 演出 >> 5 音楽 >> 5

"Whitey is the mother of violence"
1968年4月4日マーティン・ルーサー・キング・ジュニア牧師がメンフィスにて暗殺された。オハイオ州クリーブランドの町も荒れた。彼等はテレビ中継にて、キング牧師の葬儀を見守った。そして夜には暴動が起きた。そしてある者達は、何かの準備をしていた。タンク(ジュリアン・メイフィールド)は、キング牧師の死に悲観的となり、その準備していた事が出来ないと、仲間のジョニー(マックス・ジュリエン)に告げたのだった。ジョニーは他の2人と共に銃や銃弾が保管されている場所を襲った。しかしジョニーは名前が入った上着をそこに置いていってしまう。そしてセキュリティが1人殺された事で、ジョニーは殺人犯として追われる事になった。ジョニーやタンクは、B.G.( レイモンド・サン・ジャック)がリーダーの革命グループに所属していたのだった。タンクは任務が果たせなかった事で、グループ除名となり、アルコールの問題もあったタンクはグループから孤立していた。そんな中、タンクはジョニーの居場所を知る。しかもジョニー逮捕に繋がる情報には、大金の賞金がかけられていたのだった...

近代ブラックムービーの母的存在と言っても過言ではないだろうルビー・ディが出演だけではなくて、脚本も手がけた作品。監督はユダヤ系で赤狩り時代にはハリウッドでブラックリスト入りしたジュールズ・ダッシン。当時の黒人名優がずらりと揃ったのも圧巻だ。黒人映画の研究者のドナルド・ボーグルによれば、この映画は「黒人革命や人種分離運動家が描かれた初めてのアメリカ映画」という事。この映画を境に、「黒人映画」も、ニュー・スタイルと呼ばれた道へと突き進む。映画でも描写されたように、非暴力はキング牧師と共に死んだという。しかしこの映画では、暴力も実に脆い事を描いている。

白人監督ゆえの...タイトル通りに物語の語り口には少々「堅苦しい」さを感じる面はあるが、遊園地のシーンなどは奇妙で、60年代らしさがある。激動の60年代の終わりが生々しく、そして芸術的にフィルムに残されている作品だ。

(9/6/13:TVにて鑑賞)