SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
*駒草出版 WEBにてBLM(ブラック・ライヴズ・マター)を理解するための5本を寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 2月号にて「オールタイム・シスターフッド映画30」と「イケメン女優名鑑BIG5」に寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 1月号にて監督4名について、そして『40歳の解釈: ラダの場合』レビューを寄稿。(11/21/20)
*映画秘宝 12月号にて『ラヴクラフトカントリー 恐怖の旅路』について寄稿。(10/21/20)
*映画秘宝 11月号にてチャドウィック・ボーズマンの追悼文を寄稿。(9/19/20)
*映画秘宝 10月号にて『サミュエル・L・ジャクソン in ブラック・ヴァンパイア』、『行き止まりの世界に生まれて』について寄稿。(8/21/20)
*映画秘宝 9月号にて『ザ・ファイブ・ブラッズ』レビュー&キャスト、最新ブラックムービー&ドラマ10選、ブルース・リー『Be Water』レビューを寄稿。(7/21/20)
*ミュージック・マガジン 8月号「ブラック・ライヴズ・マター」特集の「映画ガイド」にて29作選出、11作を解説を寄稿。(7/20/20)
*FRIDAYデジタルにて「映画が描いてきた「Black Lives Matter」の深層」というコラムを寄稿。(6/18/20)
過去記事

Fast & Furious 6 / ワイルド・スピード EURO MISSION (2013)

Cast >> Vin Diesel (Dominic Toretto), Paul Walker (Brian O'Conner), Michelle Rodriguez (Letty Ortiz), Jordana Brewster (Mia Toretto), Dwayne Johnson (Luke Hobbs), Tyrese (Roman Pearce), Chris Bridges (Tej Parker), Sung Kang (Han Seoul-Oh), Gal Gadot (Gisele Yashar) ...
Director >> Justin Lin
Writer >> Chris Morgan
Producer >> Neal H. Moritz, Vin Diesel, Clayton Townsend
Genre >> Action
Country >> USA

総合ポイント4.75点/5点満点中
内容 >> 5 演技 >> 5 演出 >> 5 音楽 >> 4

Ride or die, remember?
リオで大金を手に入れそれぞれ人生を楽しんでいたが、故郷アメリカには帰れずに居た。子供が生まれたばかりのブライアン(ポール・ウォーカー)と、ドム(ヴィン・ディーゼル)はスペインで暮らしていた。しかし、ドムの元に警官のホブスが姿を現した。彼等が追っている犯人グループの中に、ドムがかつて愛し、死んだと思われていたレティ(ミシェル・ロドリゲス)が居たのだった。ホブスはドムとその仲間達に力を貸して欲しいと頼むが...

3部作でも十分に成功した証拠なのに、更にその倍「6」作目まで制作し、「7」作目まで制作中の大ヒットシリーズ「ワイルド・スピード」。正直、この映画を見た後、あの東京を舞台にした「ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT」は何だったんだろう?と思ってしまう程に、素晴らしい!アクションの量・質、台詞の面白さ、長く続く続編だから出来るプロット等、本当に心の底から楽しめる内容になっている。6作も続くので、本来の「家族」ともちょっと違うが、それなりに家族的な絆がこのキャラクター達にはある。

そしてこの映画の主役はやっぱり車なのだ!戦車が出ようと、飛行機やヘリコプターが出ようと、主役は車!!その軸がブレていないのが素晴らしい。そして最後のお楽しみにも、びっくりして噴出しそうになりました。驚きと楽しみ。ありえない話でもそんなのいいのだ!夏の映画にピッタリ!!

(5/27/13:劇場にて鑑賞)