SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
*駒草出版 WEBにてBLM(ブラック・ライヴズ・マター)を理解するための5本を寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 2月号にて「オールタイム・シスターフッド映画30」と「イケメン女優名鑑BIG5」に寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 1月号にて監督4名について、そして『40歳の解釈: ラダの場合』レビューを寄稿。(11/21/20)
*映画秘宝 12月号にて『ラヴクラフトカントリー 恐怖の旅路』について寄稿。(10/21/20)
*映画秘宝 11月号にてチャドウィック・ボーズマンの追悼文を寄稿。(9/19/20)
*映画秘宝 10月号にて『サミュエル・L・ジャクソン in ブラック・ヴァンパイア』、『行き止まりの世界に生まれて』について寄稿。(8/21/20)
*映画秘宝 9月号にて『ザ・ファイブ・ブラッズ』レビュー&キャスト、最新ブラックムービー&ドラマ10選、ブルース・リー『Be Water』レビューを寄稿。(7/21/20)
*ミュージック・マガジン 8月号「ブラック・ライヴズ・マター」特集の「映画ガイド」にて29作選出、11作を解説を寄稿。(7/20/20)
*FRIDAYデジタルにて「映画が描いてきた「Black Lives Matter」の深層」というコラムを寄稿。(6/18/20)
過去記事

Broken City / 日本未公開 (2013)

Cast >> Mark Wahlberg (Billy Taggart), Russell Crowe (Mayor Nicholas Hostetler), Catherine Zeta-Jones (Cathleen Hostetler), Barry Pepper (Jack Valliant), Kyle Chandler (Paul), Jeffrey Wright (Carl Fairbanks), Michael Beach (Tony Jansen) ...
Director >> Allen Hughes
Writer >> Brian Tucker
Producer >> Allen Hughes, Randall Emmett, Mark Wahlberg, Stephen Levinson, Arnon Milchan, Teddy Schwarzman, Remington Chase
Genre >> Crime

総合ポイント3.75点/5点満点中
内容 >> 4 演技 >> 4 演出 >> 4 音楽 >> 3

"There are some wars you fight and some wars you walk away from. This isn't the fighting kind."
ニューヨークで警察をしていたビリー(マーク・ウォールバーグ)は、レイプ加害者の一人である少年を殺してしまった。市長(ラッセル・クロウ)とコミッショナージェフリー・ライト)は、ビリーを助けるつもりで証拠を隠滅し、ビリーの正当防衛が認められ無罪となった。しかしビリーは警察を辞め、あれから7年後の今は探偵として依頼された浮気調査などをしていたが、借金が増えつつあった。そこで、また市長から電話が掛かってくる。自分の妻(キャサリン・ゼタ=ジョーンズ)の浮気を調査して欲しいという事だった。捜査を進めるビリーだったが、実はもっと巨大な事件に巻き込まれていくのだった。

まだハリウッドで制作が決まっていない良質な脚本を毎年選ぶのが「ブラックリスト」。その「ブラックリスト」に2008年に選ばれたブライアン・タッカーの脚本「Broken City」の映画化。舞台はニューヨーク。冒頭はショーン・ベルとかトレイヴォン・マーティンを思わせる無実の黒人少年の死から始まる。その少年の死は市長の政治的な事に利用されてしまうのだ。その両方に苛まれるのが、マーク・ウォールバーグ演じたビリー。法律を信じる一般人。法律を信じていたからこそ、警官にまでになった。そしてそういうのを利用するのがラッセル・クロウ演じた市長だった。しかしスリラーながら、最後は大体想像が付く。どうやって解明していくのかなーとは思ったけれど、割りとアッサリしていてあっそう!的だった。キャスティングは物凄く豪華だが、キャラクターとその役者の結びつきを感じなかった。

「メナスIIソサエティ」のアレン・ヒューズ監督が単独で監督した作品。ヒューズ兄弟の独特な生々しさを感じる事は無かった。個性を感じないので、印象には残らないが、それなりに楽しめる普通のスリラー作品ではある。

(5/6/13:DVDにて鑑賞)