SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

White House Down / ホワイトハウス・ダウン (2013) 1134本目

((((((/´З`)/チュチュチュゥウウウウ!! いきなりチューです。なんていうか、チャニング・テイタムにチューしたくなるねー。という位、カッコ良かった。「21 Jump Street / 21ジャンプストリート (2012)」以来、彼にやられぱなしです!!!劇場を出る時に、この映画の宣伝用のスタンディングがあって、それに向かってチューしてたら、夫に「マジか!」と怒られた。あははー。夫はそのせいか、やたらとジェラルド・バトラーの方がいかに男前かを力説していた。そしてチャニングは「月並みなルックス」だって。あははー。いや、マジで男前だよ!!まあなんでジェラルド・バトラーかと言えば、今年2度目のハリウッド映画でのホワイトハウス陥落だからね。もう一つの作品「Olympus Has Fallen / エンド・オブ・ホワイトハウス (2013)」(以下あちら)が、ジェラルド・バトラー主演。こちらはチャニング・テイタム。まあそれだけで、どんな感じかは分かるし、そのイメージ通りの映画。まあ比べるな!という方が無理。というか、両方見て比べあった方が絶対に面白い。

あちらは北朝鮮が敵でしたが、こちらは違う。どこかの国が敵という訳ではない。なのでちょっと複雑。まあキャスティングの名前を見た段階で、この人が犯人じゃね?と思った人が、そのまま犯人でしたね。まあその人がやっぱりいい感じの悪役。で、大統領を狙う為にホワイトハウスがターゲット。こちらも見事にホワイトハウスが落ちていきます。まあでも思いっきりの良さはあちらの方が上かなー。あちらは凄いスピードで見事でしたからね。まあでもこちらは派手!ローランド・エメリッヒなので、派手な飛行機アクションや車のアクションもあったりする。ホワイトハウス内なのに!!そしてあちらの方の政府の人間が強そう。だってアンジェラ・バセットモーガン・フリーマンメリッサ・レオだよ!こちらは、マギー・ジレンホールとランス・レディック。ランス・レディックは普通の人は誰だよ?って感じでしょ?実際にあんまり軍人ぽさが無かったかなー。ちょっと前までアメリカのTVで放送していた電球のCMは良かったけどね。あー、でもこちらでホワイトハウスのガイドのドニーっていうキャラクターは面白かったね。面白オタク白人。という訳で、こちらはジェイミー・フォックスが出ているせいもあるのか、面白い台詞やシーンもあったね。あっちは滅茶苦茶真面目一徹だったけど。こちらは、子供が余計。スピルバーグの映画ぽい。いや、子供達は大好きだよ。でも、子供が映画の中で英雄的に描かれているのは、ちょっと苦手なんだよね。「スタンド・バイ・ミー」みたく、子供が英雄気取って結局出来なくて、それで成長するパターンの方が好き。でもこの映画の子もまた可愛い子だったね。

まあね、とにかくチャニング・テイタムがカッコイイ。最初はスーツ姿なんだけど、そんなの着ている場合じゃないから、どんどん薄着になっていくのさ。たまらないねー。ジェイミーもいつもは素敵だけど、この映画ではその素敵さちょっと控えめ。ちゃんと主役のテイタムに花もたせているよね。と、主役だけじゃないんだ、この人。でもまたジェイミーが主演でアクション全開な「Bait / ワイルド・チェイス (2000)」とかみたいな映画がまた見たいね。

ところで、この映画のプロモでジミー・キンメルの番組でチャニング・テイタムの曲を発表したテイタムとフォックス。なんとマット・デイモンガボリー・シディベ、そしてマイリー・サイラス等もそのミュージックビデオに登場して、テイタムがいかに凄いかを歌っている!!

分かるよ、歌いたくなるわ!チャニング・オール・オーバー・ユア・テイタム♪メロディがモロにジェイミー。彼が作ったのかな?

でもこの映画、興行成績で失敗。意外ー!

感想やあらすじやオフィシャルサイトはこちら

(3.75点/5点満点中:7/4/13:劇場にて鑑賞)