SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
*駒草出版 WEBにてBLM(ブラック・ライヴズ・マター)を理解するための5本を寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 2月号にて「オールタイム・シスターフッド映画30」と「イケメン女優名鑑BIG5」に寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 1月号にて監督4名について、そして『40歳の解釈: ラダの場合』レビューを寄稿。(11/21/20)
*映画秘宝 12月号にて『ラヴクラフトカントリー 恐怖の旅路』について寄稿。(10/21/20)
*映画秘宝 11月号にてチャドウィック・ボーズマンの追悼文を寄稿。(9/19/20)
*映画秘宝 10月号にて『サミュエル・L・ジャクソン in ブラック・ヴァンパイア』、『行き止まりの世界に生まれて』について寄稿。(8/21/20)
*映画秘宝 9月号にて『ザ・ファイブ・ブラッズ』レビュー&キャスト、最新ブラックムービー&ドラマ10選、ブルース・リー『Be Water』レビューを寄稿。(7/21/20)
*ミュージック・マガジン 8月号「ブラック・ライヴズ・マター」特集の「映画ガイド」にて29作選出、11作を解説を寄稿。(7/20/20)
*FRIDAYデジタルにて「映画が描いてきた「Black Lives Matter」の深層」というコラムを寄稿。(6/18/20)
過去記事

The Call / 日本未公開 (2013) 1133本目

ハリ・ベリーちゃんの新作ぅー。なぜかプロレス団体WWEが絡んでいて制作。なので、レスラーのデビット・オトゥンガも出演。WWE制作の映画は、レスラーが主役のパターンが多いけど、オトゥンガはあんまり出てこない。主役のハリ・ベリーちゃんの恋人役ポールを演じたモリス・チェスナットが警察官で、その相棒がオトゥンガ。遠いね。しかしオトゥンガってついてるよね。リアリティ番組(しかもくっだらない番組!)でデビューして、その後になぜか絶好調なジェニファー・ハドソンを高校時代からの恋人から奪い、そして婚約して子供まで作って、そしてWWEでレスラーデビュー。しかもハーバード大の法律科出(オバマ大統領と一緒)。WWE制作の映画で映画デビュー。けどレスラーとしては、つまんないよね。あは!

という事で、ハリ・ベリーちゃんが主役。そして子役だったアビゲイル・ブレスリンがティーン役で準主役。ハリ・ベリーちゃんが演じているのは、お父さんも警察官だったらしく、本人はロサンジェルス911(日本で言う110番)のコールセンターに勤めているジョーダン。ベテランのジョーダンはいつものように電話を受けていた。ある日、若い女の子リアから掛かってきた電話を取った。リアは家に侵入者が入ってきそうで、家には一人きり。ジョーダンは的確なアドバイスで、警察が着くまでの時間、リアを無事に生還させようとし、そのジョーダンのアドバイスも見事に働いた。しかし電話が途中で切れてしまった。心配になったジョーダンは折り返しコールでリアに電話してしまう。しかし、そのコールが原因で侵入者にバレてしまい、侵入者はジョーダンに「終わった」という言葉を残し、電話を切る。後日リアが殺された事をニュースで知る。それからジョーダンは精神不安定になり、コールを取る事が出来ずに、新人研修の先生として現場から少し離れる。それから6ヵ月後、ジョーダンは先生として新人を指導していた。そして新人が実際に電話を取る事になった。的確なアドバイスをするジョーダン。しかし、また若い女の子ケイシー(アビゲイル・ブレスリン)から電話が掛かってきた。男に突然拉致されて、車のトランクの中に居るという。絶体絶命な状況の中、新人はパニくってしまい、先生のジョーダンに丸投げ。ジョーダンもパニくるが、何とか平静を取り戻し、ケイシーとの電話を続けるが...

こんな映画は良い筈がない!しかし、なんだこれ!面白い!結末なんて分かっちゃいるけど、いちいち驚いてしまう自分が居た。あっという間の94分間である。犯人も大して怖くないし、雰囲気も無い。弱そうである。でも気味悪い。普通の人そうだから余計に気持ち悪い。ハリ・ベリーちゃんだって、頼りにならなそうな弱い女性。アビゲイル・ブレスリンだけが、なぜか強そう。だけど彼女が一番絶体絶命。映画では良い感じに裏切られる方が面白い。この映画は裏切りとかいうレベルじゃなくて、絶望感がある。やっと安堵出来そうな場面で、やっぱり訪れる絶望感。それがたまらない映画だった。モリス・チェスナットの警官姿も勇ましくて素敵で優秀そう。だけど、いつも「なんでそんな頓珍漢な所にいるんだよ!」っていうのも面白い。マイケル・インペリオリが現れた時には、やほー!になるけど、結局はあほー!になる。ダサ過ぎる程に弱い。こういう状況、人間は弱い者かもしれませんね。

ちなみにこのエンディングには別バージョンがあるらしいが、たいした事ないらしい。そのエンディング、見なくても良い感じ。結末が変わる訳じゃない。でも、続編の話もあるらしい。うん、あの結末だと続編作れそうだよね。

この映画で学んだ大事な事は、アメリカで携帯はプリペイドじゃなくて、普通の携帯を持った方が絶体絶命の時に助かる率が高そうだって事!

感想やあらすじやオフィシャルサイトはこちら

(3.75点/5点満点中:7/1/13:DVDにて鑑賞)