SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
*駒草出版 WEBにてBLM(ブラック・ライヴズ・マター)を理解するための5本を寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 2月号にて「オールタイム・シスターフッド映画30」と「イケメン女優名鑑BIG5」に寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 1月号にて監督4名について、そして『40歳の解釈: ラダの場合』レビューを寄稿。(11/21/20)
*映画秘宝 12月号にて『ラヴクラフトカントリー 恐怖の旅路』について寄稿。(10/21/20)
*映画秘宝 11月号にてチャドウィック・ボーズマンの追悼文を寄稿。(9/19/20)
*映画秘宝 10月号にて『サミュエル・L・ジャクソン in ブラック・ヴァンパイア』、『行き止まりの世界に生まれて』について寄稿。(8/21/20)
*映画秘宝 9月号にて『ザ・ファイブ・ブラッズ』レビュー&キャスト、最新ブラックムービー&ドラマ10選、ブルース・リー『Be Water』レビューを寄稿。(7/21/20)
*ミュージック・マガジン 8月号「ブラック・ライヴズ・マター」特集の「映画ガイド」にて29作選出、11作を解説を寄稿。(7/20/20)
*FRIDAYデジタルにて「映画が描いてきた「Black Lives Matter」の深層」というコラムを寄稿。(6/18/20)
過去記事

Blade / ブレイド (1998)

Cast >> Wesley Snipes (Blade), Kris Kristofferson (Whistler), Stephen Dorff (Deacon Frost), N'Bushe Wright (Karen), Donal Logue (Quinn) ...
Director >> Stephen Norrington
Writer >> David S. Goyer
Producer >> Peter Frankfurt, Wesley Snipes, Robert Engelman, Andrew J. Horne, Avi Arad
Genre >> Action
Country >> USA

総合ポイント 4.5点/5点満点中
内容 >> 5 演技 >> 5 演出 >> 4 音楽 >> 4

"There are worse things out tonight than vampires."
1967年、出産を控えていた女性がヴァンパイアに噛まれた。無事にエリックを出産するも、母ヴァネッサ(サナー・レイサン)は亡くなった。現代になり、エリックはブレイドウェズリー・スナイプス)として、母を殺したヴァンパイアの仇を取る為、ヴァンパイアハンターとして、ウィスラーと共に戦っていた。ブレイドはヴァンパイアと人間のハーフであり、バンパイアの超人的な身体能力と、日中でも日光の下を歩けるという両方を持ち合わせていた。そんな時、血清スペシャリストの医者であるカレン(ンブッシュ・ライト)が、世界制服を目論んでいるフロスト(スティーヴン・ドーフ)の手下に噛まれた。ブレイドが彼女を救うが...

マーベル社のコミックが原作。武道家としても知られるウェズリー・スナイプスが、主役のヴァンパイアハンターを演じている。マーベル独特の地下社会の暗黒なイメージが忠実に再現されている。そしてやっぱりなんと言ってもウェズリー・スナイプスである。ヴァンパイアと人間のハーフという困難な役をも見事に演じてみせているのだ。言葉少なめなヒーローを、淡々とヴァンパイアを斬る事で何かを背負い証明しようとしている主人公。やっぱりカッコイイのだ。そして最後クライマックスでのスナイプスとライトの映画史上もっともロマンチックなラブシーンと言ってもいいだろう、血を吸うシーンは哀愁もあって最高だ。

ウェズリー・スナイプスだから描けたカッコ良さと哀愁。たまらなくロマンチックだ。

(4/5/13:DVDにて鑑賞)