SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

The Fighters / 日本未公開 (1971) 1109本目

Symbiopsychotaxiplasm: Take One / 日本未公開 (1968)」を観たら観たくなった作品。ウィリアム・グリーブスの記録映画。これはまた凄い!他とは全く異なる記録映画だ。で、これの感想を書こうとしたら、どうも私のサイトのエントリーが変。「Ali the Man, Ali the Fighter」になっていた。IMDB観ると「The Fighters」で監督はウィリアム・グリーブスとリック・バクスターの共作になっている。うーん、分からない!色々調べたけど、どこのエントリーも変。でも映画のオープニングをまた観て調べたら、やっぱりタイトルは「The Fighters」で、監督はウィリアム・グリーブスの一人。「The Fighters」が「Ali the Fighter」というタイトルで出ていた事は分かった。で、色々と調べているうちに、なぜか勝新太郎!の名前が出てきた。そこから調べてやっと結論できた。勝新太郎がプロデュースしたのが「Ali, The Man / モハメッド・アリ 黒い魂 STAND UP LIKE A MAN (1974)」という作品。この作品が同じ時期に制作され51分と短いのもあって、アメリカでは「Ali the Man」というタイトルで、この「The Fighters」と一緒に公開されていたのだった。なのでIMDBでは、なぜか2本が1本として登録されているんです。

という訳で「The Fighters」を。
モハメド・アリ知名度の高さから後にあたかもアリだけが主役のような「Ali the Fighter」というタイトルになってしまったけれど、本当のタイトルは、先ほどから書いているように「The Fighters」。戦う人達が主役。アリも主役なら、戦ったジョーフレイザーも主役。2人をリングに上げるために戦った人達も主役で、2人の試合を見る為にプロテストした人達も主役な訳。

先に主役を書いてしまったけど、このドキュメンタリーはモハメド・アリジョーフレイザーの1971年3月8日にニューヨークのマジソンスクエアガーデンで行われたマッチを追っている。世紀の一戦と言われているあの対戦。アリのファンなら、それだけでこの対戦の意味が分かる筈だ。ウィリアム・グリーブスはナレーションとかインタビュー映像とか一切なしに、ただカメラで彼等の姿と言葉を追っている。同じリングで戦う二人は全く別の性格。まあアリのあのカリスマ性は特異な存在ではある。とにかく人が集まるのがアリ。物凄いボクサーであり、ファイターであるんだけど、物凄いエンタテイナーでもある。アリみたいな人が珍しい面白い乗り物に乗っていれば、誰もが気づく。それを何気に出来るのがアリ。ジョーフレイザーも物凄いボクサーであり、ファイターであるけれど、何処となく普通の兄ちゃん。教会では高揚して席を立ってゴスペルを口ずさんでしまう、普通の田舎出身の黒人兄ちゃんなのだ。でも、そんな二人が電話しているシーンがあって、色々と口撃戦をやっているんだけど、ジョーフレイザーの方が先に切ってしまうのが、無茶苦茶面白かった。そしてアリの周りには女性も多い。なぜかフレイザーの従姉妹まで居た!その女性とやりあっているのも面白い。

そしてこの対戦はもちろん誰もが注目している対戦。会場にはウッディ・アレンや、マイルス・デイビスまで居る!しかし、一般の黒人にはチケットは高くて試合は見れない。しかもペイパービューなのでテレビでも気軽に見れない。なので黒人の人達はプロテストを行う。チケット代を下げろ!と。その模様も残しているグリーブスはさすが。プロテストまでしない一般の人達は、町の片隅でアルコールの力を借りてぼやいている。それは白人の人もだし、アフリカから来たであろう移民の人々もだ。「アリだ!」「いや、フレイザーだ!」とやりあって楽しんでいる。

試合の様子ももちろん残している。ハンディで撮っているので、ペイパービューのTV映像よりも活気があると、当時話題になった。しかもウザイ試合解説とかアナウンスとか一切なし!なので、会場の歓声とか野次が筒抜け。そしてグローブと肉体がぶつかるその音もはっきりと聞こえる。生々しい作品なのだ。

感想はこちら

(5点満点:4/17/13:DVDにて鑑賞)