SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Soul Food Junkies / 日本未公開 (2013)

Cast >> Jackie Hurt, Byron Hurt, Md Dr. Rani Whitfield, Md Dr. Rodney Ellis, Roderick Ephram, Dick Gregory, Marc Lamont Hill, Attorney Chokwe Lumumba ...
Director >> Byron Hurt
Producer >> Byron Hurt
Genre >> Documentary

総合ポイント >> 4.75/5点満点
Contents >> 4 Performance >> N/A Direct >> 5 Music >> 5

You are what you eat
愛する父ジャッキーが膵臓ガンで亡くなった。息子バイロンはその理由を父が愛して止まなかったソウルフードが原因だと思い、そのソウルフードについて追っていくドキュメンタリー。

アメリカ南部の家庭で味わうソウルフードに出会ってから、私はその虜となった。言葉では語りつくせない程に本当に美味しい。その美味しいソウルフードを作った私の義母や義祖母は、「ソウルフードは愛情よ」と、このドキュメンタリーでも誰かが言っていたように自慢げに話す。しかし国民総健康オタクである日本人の私はどこかで「健康には悪いよね」とは認識していた。でもこの映画のジャッキーのように止められないのだ。確かに「ジャンキー」である。この映画ではソウルフードにまつわる虚像を剥がしていくのも面白い。奴隷時代にまでさかのぼり、食や栄養のエキスパート達が明らかにしていく。そして黒人たちの食文化も明らかになっていく。

冒頭で白人のオバサンが「白人の人達よりも良い食べ物なのよー」と笑いながら話していた。どうしてソウルフードは愛されているのか?ミシシッピーでソウルフードレストランを長年経営し、公民権運動をも支えた女性の話で分かった気がする。やはり愛は栄養の一つである。私も愛を頂いているのだ。

(2/7/13:TV放映にて鑑賞)