SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

John Henry : Tall Tales & Legends / 日本未公開 (1986) (TV) 1103本目

フォークロア(民話)の人物として語り継がれているジョン・ヘンリー。日本に比べると、それほど人々に使われている訳ではないし、完全なる車社会のアメリカだけれど、鉄道建設はアメリカの歴史とは切り離せない。前にも書いたように、囚人が労働力として使われたのが鉄道建設でもあった。フォークロアの中でジョン・ヘンリーは、鉄道建設に従事し、トンネルを切り開いていく中で、労働力を最小限に抑えられる蒸気ドリルという機械を導入し、労働者を解雇しようとした時、ジョン・ヘンリーはハンマーだけでその蒸気ドリルと戦い、なんと勝ったという英雄なのである。しかしフォークロアなので、語り継がれていくうちに、少しずつ話の内容は変化を遂げており、様々な人々が研究しているが、どれが本当かは分からない。

そんな様々な民話や伝説をドラマ化したシリーズ「Tall Tales & Legends」の一つ。こういう作品はPBSで放送されがちだけど、この作品はケーブルのショータイムにて制作され放送された。その伝説の男ジョン・ヘンリーをダニー・グローバーが演じている。そして語り手となるのが、多分架空の人物であろうクインを演じたトム・ハルス。良いよね。そしてヘンリーの妻であるポリー・アンを演じたのがリン・ホイットフィールド。という3人の名前を挙げて、ある事がぴーんと来る人はエンタメ・マニア。舞台俳優だよね。この作品も、だからか舞台ぽい。外でロケしていないのもあるかもしれない。そしてルー・ロウルズやテルマ・ヒューストンなんていう歌手が出演して歌っているのも、舞台ぽさをより一層引き立たせている。ルー・ロウルズの役は良い感じです。ジョン・ヘンリーと友達になる同僚で作業中に怪我してしまう。その事もあってヘンリーは蒸気ドリルと戦う事になるのですわ。

様々な違う見解のある民話を上手くまとめたのが、サム=アート・ウィリアムス。黒人の脚本家。主にテレビの脚本家で、ウィル・スミスの「フレッシュ・プリンス・オブ・ベルエアー」とか、マーティン・ローレンスの「マーティン」とかも書いている。

そしてジョン・ヘンリーの歌をアレンジしたのが、ゴスペルシンガーアンドレクラウチ。最後にテルマ・ヒューストンが歌うのが印象的。

ジョン・ヘンリーの歌といえば、沢山の歌手が歌っているが、やっぱり聴き応えのあるのはフォークも勉強したハリー・ベラフォンテのバージョン。歌詞とかも他の人のとはちょっと違う。最後はホワイトハウスに埋められているのですわ。

感想やあらすじはこちら

(4.25点/5点満点中:3/29/13:DVDにて鑑賞)