SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*Cinemoreにて『大逆転』(83)についてを寄稿。(7/17/19)
*Cinemoreにて『星の王子ニューヨークへ行く』(88)についてを寄稿。(7/6/19)
*Cinemoreにて『スタンド・バイ・ミー』(86)についてを寄稿。(7/2/19)
*サイゾー 7月号にて『ザ・ヘイト・ユー・ギヴ』についてコメント出しております。(6/18/19)
*Cinemoreにて『シャフト』(2000年)についてを寄稿。(6/26/19)
*映画秘宝 7月号にてジョン・シングルトン追悼記事を寄稿。(5/22/19)
*ENGLISH JOURNAL (イングリッシュジャーナル) 6月号にて「ブラックムービーとアカデミー賞」の記事を寄稿。(5/7/19)
*ユリイカ5月号のスパイク・リー特集にて2本の記事を寄稿。(4/27/19)
*映画秘宝 6月号の「サノスの倒し方大全!」特集でサノスの倒し方を寄稿。(4/20/19)
*Fridayデジタルにて「激ヤバで面白い『ブラック・クランズマン』はトランプへの挑戦状!」というコラムを寄稿。(3/20/19)
*映画秘宝 5月号にてブラックムービー、スパイク・リー、『ブラック・クランズマン』、『ヘイト・ユー・ギブ』を寄稿。(3/20/19)
*映画秘宝 4月号にて『ビール・ストリートの恋人たち』&『グリーンブック』レビューを寄稿。(2/21/19)
*DU BOOKS 「ネットフリックス大解剖 Beyond Netflix」に『親愛なる白人様』について寄稿。(1/25/19)
*映画秘宝 3月号秘宝ベスト&トホホ10&ドラマ・オブ・ザ・イヤー2018に参加。(1/21/19)
*リアルサウンドにて「ブラックムービーの今」というコラムを寄稿。(1/3/19)
*『ブラック・クランズマン』マスコミ向け試写会用プレスにスパイク・リーについて寄稿。(12/19/18)
過去記事

Thomasine and Bushrod / 日本未公開 (1974) 1084本目

西部劇熱おさまらず。いやー、この映画最高!何がって全てが!「The Mack / 日本未公開 (1973)」のマックス・ジュリエンが主演で脚本書いてる西部劇。「俺たちに明日はない」みたいな感じ。でもラブストーリー。相手役が私が70年代のヒロインでパム・グリア嬢の次に好きなヴォネッタ・マッギー。なんでもジュリエンとマッギーって、この頃に同棲していた恋人同士だったらしい。その二人の熱々な感じがスクリーンには表れている。しかもね、タイトル曲を作ったのがラヴのアーサー・リー。もうね、これ以上のものはないでしょ!ってな位に、二人が曲にマッチしている。観た後は、この曲がずっーと繰り返し、私の頭に流れております。二人の川でのイチャつきシーンと共に。そしてこの映画の監督が「Super Fly / スーパーフライ (1972)」のゴードン・パークス・ジュニア。もう説明は不要ね。名前だけで、あの「Shaft / 黒いジャガー (1971)」のゴードン・パークスの息子って分かって頂けると思う。今回も写真やスローモーション等を使って、見事にオシャレで面白い作品に仕上げている。もっと長生きしてくれたら、面白い映画を一杯作っていただろうなーと思うと、本当に切なくなる。ジュニアは飛行機事故で44歳という若さでこの世を去っている。ゴードン・パークスがドキュメンタリーで息子を語るシーンがあるんだけど、胸がはち切れそうになる程悲しくなる。

ヴォネッタ・マッギーが演じたのがトマシーン。女性ながらにバウンティハンターで生活している。マックス・ジュリエンが演じたのが、ブッシュロード。殺人事件でお尋ね者。トマシーンはバウンティハンターだから、ブッシュロードがお尋ね者になっていたのを知る。トマシーンとブッシュロードは恋人同士だったが、喧嘩別れしていた。でもトマシーンは気になってブッシュロードを探し、二人はまた一緒になる。そして二人は銀行強盗でお金を稼ぐようになり、そのお金を食料に換えて、貧しい人達に配り始めた。しかし連邦保安官のブガティに追われる事になって...

トマシーンとブッシュロードはずっと逃亡生活。ブカティと二人のいたちごっこは、ルパン3世ぽい。でもトマシーンは女性。いつかは、落ち着いて生活する事を望んでいる。そんな彼女にもつかの間だけれど、落ち着く事が出来て... と、この西部劇、男性よりも女性の方が支持が高いと思う。トマシーンがとにかく魅力的。いつもは可憐なヴォネッタ・マッギーが、最高にカッコいい。でもやっぱり可憐。落ち着く事が出来た時の彼女の女らしさは、パム・グリア嬢には無いかなー。

ラストの終わり方も最高。とにかく最初に書いたように何もかもが最高。でもかなり切ないよ。そして私が大好きな「Cooley High / 日本未公開 (1975)」のグリン・ターマンも出演している。ジャマイカ出身のジョモっていう役。こういう明るい役が似合うよね。ラッキーな帽子を被っていて、それを外した直後に...切ない。

この映画、ずっと観たいと思っていた。正規版じゃないブートレグが売られているのは知っていたけど、ブートレグで観るのもなーと思っていたら、TVで放送!この映画が放送された「Bounce」っていうチャンネルが素晴らしいんだ!まあ、CM入るのが難点ではありますが、ラインアップが最高。この映画みたいにブートレグしか出てない映画や、ビデオ発売しかされていない映画とか、かなり放送している。Starzのブラック映画専門チャンネルより、全然使える!黒人向けのチャンネル増えているよね。BETにTV OneにBounce... 映画の選択だったらBounceが今の所一番のお気に入り。このBounceは、あのアンドリュー・ヤングとキング牧師の息子マーティン・ルーサー・キング3世、そして映画監督・プロデューサーのウィル・パッカーとロブ・ハーディが始めたチャンネル。楽しませてもらってます、あざーす!

感想やあらすじはこちら

(5点満点:2/9/13:TV放映にて鑑賞)