SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Bullet to the Head / バレット (2013) 1081本目

80年代完全復活!
シュワちゃんの「ラストスタンド」を見に行こうと思っていたのに忙しくて行けず、いつの間にか公開も終わってた。後悔。なのでこのシルヴェスター・スタローンの映画は頑張って見に行こうと固く決意。でもやっぱり忙しいし、シュワちゃんも見てないしDVDでもいいかーと思ってしまったんだけど、ウォーター・ヒルが監督だと聞いて「やっぱり絶対に行くぜ!」と思った。

しかしなんだ!この古臭さは!!物語そのものといい、スクリーンから伝わってくる時代的なものまで古臭い!新しさといえば、スタローンの相棒がアジア系の俳優という事と、スタローンの娘がエイミー・ワインハウスぽくて刺青パーラーをやっているという事と、スタローンがさらにデカくなっているという事だ!!やっている事は80年代と変わらない。娘の為に命を張る父。それだけだ!

しかも、タイトルに「銃弾」があるが、目立つのは爆発!TNT復活。気持ち良くなる程に見事に爆発している。懐かしいなー、この感じ。これにミスターTが出てきたら、完璧だったと思う位に、懐かしい感じ。さすがのスライも思う所あったのかな?台詞に「人を殺すのは銃じゃない!銃弾だ!」というのがあった。正論だけども... 銃弾を人に投げても死なないからね。銃と銃弾があって人がそれらを使うと人が死ぬよね。

ジェイソン・モモアもいい感じでアホぽくて良かった。カッコ良いんだけどね。「Conan the Barbarian / コナン・ザ・バーバリアン (2011)」での失敗から学んでない!だ、か、ら、そこはこの映画でタイトルにまでしている一番推している物を手に取ってーーー!と思っちゃう。「お前はマイティ・ソー か!」って思った。まあ、そういうアホぽい所も80年代の悪役ぽい!

そしてウォーター・ヒルは、さすが廃墟監督!ああいう所に閉じ込めるといい感じで撮るよねー。廃墟に行った所でワクワクしちゃった。でももうちょっと廃墟でのシーンが見たかった。アッサリしてたよね。そして悪い事は夜に起こる。そうじゃなくっちゃ!

完全に80年代だと思った。復活したのですよ!!しかし、クリスチャン・スレーターが気の毒。お前さんも復活してくれー!!そう願う。

オフィシャルサイト(アメリカ)はこちら

(3.75点/5点満点中:2/5/13:劇場にて鑑賞)