SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
*駒草出版 WEBにてBLM(ブラック・ライヴズ・マター)を理解するための5本を寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 2月号にて「オールタイム・シスターフッド映画30」と「イケメン女優名鑑BIG5」に寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 1月号にて監督4名について、そして『40歳の解釈: ラダの場合』レビューを寄稿。(11/21/20)
*映画秘宝 12月号にて『ラヴクラフトカントリー 恐怖の旅路』について寄稿。(10/21/20)
*映画秘宝 11月号にてチャドウィック・ボーズマンの追悼文を寄稿。(9/19/20)
*映画秘宝 10月号にて『サミュエル・L・ジャクソン in ブラック・ヴァンパイア』、『行き止まりの世界に生まれて』について寄稿。(8/21/20)
*映画秘宝 9月号にて『ザ・ファイブ・ブラッズ』レビュー&キャスト、最新ブラックムービー&ドラマ10選、ブルース・リー『Be Water』レビューを寄稿。(7/21/20)
*ミュージック・マガジン 8月号「ブラック・ライヴズ・マター」特集の「映画ガイド」にて29作選出、11作を解説を寄稿。(7/20/20)
*FRIDAYデジタルにて「映画が描いてきた「Black Lives Matter」の深層」というコラムを寄稿。(6/18/20)
過去記事

2016: Obama's America / 日本未公開 (2012)

Cast >> Dinesh D'Souza
Director >> Dinesh D'Souza, John Sullivan
Writer >> Dinesh D'Souza, John Sullivan
Producer >> Ann Balog
Genre >> Documentary
Country >> USA

総合ポイント >> 0 (N/A)/5点満点
Contents >> 0 Performance >> 0 Direct >> 0 Music >> 0

This is Science Fiction
オバマ大統領とは生まれた年も大学を卒業した年も結婚した年も同じというインドから移民で、大学教授をしているディネッシュ・ダスーザが制作した、アンチ・オバマドキュメンタリー。

私とは政治的見解が全く違うので、点数はつけられないと思い、点数をつける事は断念した。正直、私はプロ・オバマなので、このアンチ映画がどのように描かれているのかという興味だけで見た。このドキュメンタリーを観客はどのように感じるのだろうか?と気になったのだ。やっぱり共和党オバマを「共産主義者」とのレッテルを貼っておきたいのが良く分かった。ダスーザはこの映像でも明らかにしているが、「私は大学教授なので別の言い方で反帝国主義と呼ぶ」と話していた。ケニア人のオバマの父親の思想を強く受け継いでいるとの見解を勝手に披露している。更には白人の投票者でオバマに入れた人は「差別主義者じゃない」との証明をしたくて投票したとの、これまた勝手な見解を堂々と話していた。その白人の心を掴むのをオバマは心得ているとの事。こんな見解が余計に差別ぽく聞こえるとは思わないのだろうか?

色々と面白過ぎ。バイデンがダスーザの見解を「SF並み」と話していたが、正にその通りだと感じた。

(10/17/12:DVDにて鑑賞)