SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
*駒草出版 WEBにてBLM(ブラック・ライヴズ・マター)を理解するための5本を寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 2月号にて「オールタイム・シスターフッド映画30」と「イケメン女優名鑑BIG5」に寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 1月号にて監督4名について、そして『40歳の解釈: ラダの場合』レビューを寄稿。(11/21/20)
*映画秘宝 12月号にて『ラヴクラフトカントリー 恐怖の旅路』について寄稿。(10/21/20)
*映画秘宝 11月号にてチャドウィック・ボーズマンの追悼文を寄稿。(9/19/20)
*映画秘宝 10月号にて『サミュエル・L・ジャクソン in ブラック・ヴァンパイア』、『行き止まりの世界に生まれて』について寄稿。(8/21/20)
*映画秘宝 9月号にて『ザ・ファイブ・ブラッズ』レビュー&キャスト、最新ブラックムービー&ドラマ10選、ブルース・リー『Be Water』レビューを寄稿。(7/21/20)
*ミュージック・マガジン 8月号「ブラック・ライヴズ・マター」特集の「映画ガイド」にて29作選出、11作を解説を寄稿。(7/20/20)
*FRIDAYデジタルにて「映画が描いてきた「Black Lives Matter」の深層」というコラムを寄稿。(6/18/20)
過去記事

Zero Dark Thirty / ゼロ・ダーク・サーティ (2012) 1073本目

うちの軍事オタクと観て来た。超長いけど、面白かった。アクションばりばりって訳じゃないので、絶対に途中で飽きそうだけど、意外と飽きなかった。いや、キャスリン・ビグロー上手いね。史実なので、ここで爆発するって分かってるんだけど、ドキドキしたわ。その緊張感の引き伸ばし方っていうのが上手いわ。え?まだ?え?まだ?あー、キターみたいなね、ドキドキ感。

物語はご存知のようにオサマ・ビンラディン殺害までを描くドラマ。ジェシカ・チャステイン演じるCIAのエージェントのマヤがオサマ・ビンラディンの居場所を突き止めるまでを克明に描いている。その内容が、実際のCIAは事実とは異なるという声明を出しているけれど、そういう声明を出しちゃう辺りが怪しいよね。映画なのでもちろん脚色しているのは当たり前。普通の人はそれくらい分かる。だから余計に声明出しちゃってる辺りが、本当はそうだったんじゃないの?とか思ったりもする。でもまあ普通じゃない人は「これが事実だ!」って映画観て真に受けるので、実際にそれに配慮したのかもしれない。まあ、そういう部分もこの映画の面白さなんだと思う。アメリカって真実が出ても、「いや陰謀だ!」っていう陰謀説が必ず出るからね。アメリカには真実なんて存在しないよ。

所で、タイトルの意味が気になったので調べてみた。軍事用語なのは確からしいが、色々と出てきた。(1)真夜中の30分後、すなわち0:30分という意味。(2)この作戦に付けられたコードが「ゼロ・ダーク・サーティ」だった。(3)軍事用語で「オー・ダーク・ハンドレッド」というのがあって、それが闇を意味し、「ゼロ・ダーク・サーティ」や「ゼロ・ダーク・ハンドレッド」も同じ意味。(4)闇と秘密で覆われた10年間の長いミッション。という4つの説がある。(3)は実際にミリタリー用語のウェブサイトで発見。それを踏まえた上に、そしてこの映画を見た後に思うのは、(4)が一番しっくりくる。実は見終えた後、ラストシーンがどうも好きじゃないなーと思ったんだけど、帰ってきてこのタイトルの意味を調べてみて、あのラストシーンにようやく納得いった。長かったもんね。全然何もない所からのスタート。しかも何かを掴んだかと思ったら、またすぐにふりだしに戻る。良く見つけ出したよ。私はビンラディンが自然死するまで、アメリカとビンラディンのいたちごっこはずっと続くと思ってたもの。人の執念って凄い!

私的な楽しみはハロルド・ペリノーが出ていた事。活躍していたので嬉しいっす。もちろんジェシカ・チャステインのマヤも良かった。ちなみにチャステインはこのマヤのモデルとなったCIAのエージェントには会えてないらしい。彼女は今でもCIAのエージェントとして活躍中なので、チャステインと言えども正体を明かす事は出来なかったとの事。アルジェリアの人質問題もやっぱりアメリカに任せば良かったのに!!と思ってしまう。この映画観た後だと余計に。アルジェリアのも映画化するんでしょうか?今年のオスカーはテロが関わっている映画が強いよね。ワインスタイン辺りがもう動いているに違いない。

劇場で観ている時に思わず苦笑いしたんですが、映画の中で中東の人が「お前ら白人は歓迎されてねー」っていう台詞を聞いた白人の観客が「白人は歓迎されてないだと!」と思わず大声で怒っていた。中東で歓迎されると思っていた貴方にびっくりですよ!後はビンラディンを追い詰める時にネイビー・シールの人が「オサマ〜〜!」って言う台詞も大好きです。

ちなみにうちの軍事オタクがこの映画が一般公開されるちょっと前に「Seal Team Six: The Raid on Osama Bin Laden」っていうDVDを買ってきた。この「ゼロ・ダーク・サーティ」と全く同じくビンラディン殺害を題材にしていて、ジェシカ・チャスティンが演じた女性と同じ女性CIAエージェントも出てくる。名前は違うけど。しかもイグジビットがネイビー・シール役で登場。観たので次回の100本映画で!まあB級臭が半端ないですけどね。

オフィシャルサイトはこちら

(4.75点/5点満点中:1/12/13:劇場にて鑑賞)