SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Trespass / トレスパス (1992)

Cast >> Bill Paxton (Vince), Ice-T (King James), William Sadler (Don), Ice Cube (Savon), Art Evans (Bradlee), De'voreaux White (Lucky), Bruce A. Young (Raymond), Glenn Plummer (Luther), Stoney Jackson (Wickey), T.E. Russell (Video), Tommy 'Tiny' Lister (Cletus), John Toles-Bey (Goose), Byron Minns (Moon), Tico Wells (Davis) ...
Director >> Walter Hill
Writer >> Bob Gale, Robert Zemeckis
Producer >> Neil Canton
Genre >> Action
Country >> USA

総合ポイント >> 4.75/5点満点
Contents >> 4 Performance >> 5 Direct >> 5 Music >> 5

"We're past the point of no return!"
アーカンソーの消防士ヴィンスとドンは消火活動中に、老人から新聞紙と手書きの地図を渡される。調べると、その地図はセントルイスの廃屋の工場で、どうやら盗まれた金属がそこに眠っているらしい。ヴィンスとドンは休日にセントルイスまで向かい、金属を探そうとするが、そこでキング・ジェームス(アイスーT)率いる黒人ギャングの殺人を目撃してしまう。ヴィンスとドンはキング・ジェームスの弟ラッキーを人質に取る事にしたが、キング・ジェームスの手下に包囲されたその廃屋から出る事が出来なかった...

男しか出ないようなこういうギラギラドロドロしたギャングサスペンスを撮らせたら右に出る者はいない!とまで言いたくなるようなウォーター・ヒル監督の作品である。アーカンソーのよそ者がセントルイスの廃屋に侵入(トレスパス)していく。廃屋だから...と思っていたら、とんでもない。やはり彼等はよそ者なのだ。黒人ギャングは常にそこで人を殺してきたのである。そんな事もよそ者は知らないのである。しかも彼等はキング・ジェームスの一番大事な者を手に入れてしまう。これが別の手下のギャングだったら、こんな風にまではならなかった。そんな事もやっぱりよそ者は知らないのだ。そこに勝手に入ってきた侵入者達。
アイスーTの弟思いのリーダーも良かったが、血気盛んな若いギャングのアイス・キューブも最高である。彼の台詞が胸に残るような感動的な物ではないが、なぜか頭に残っている。

そして最後に金を手に入れるのは... 映画のラストとして完璧であり最高である!!

(Unknown:10/1/1:DVDにて鑑賞)