SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Sing Your Song / 日本未公開 (2011)

Cast >> Harry Belafonte
Director >> Susanne Rostock
Writer >> Susanne Rostock
Producer >> Gina Belafonte, Jim Brown, Michael Cohl, William Eigen, Julius R. Nasso
Genre >> Documentary
Country >> USA

総合ポイント >> 4.75/5点満点
Contents >> 5 Performance >> N/A Direct >> 4 Music >> 5

The theater was a place of social truth
ハーレムに生まれ、ジャマイカで育った稀代のエンターテイナーであるハリー・ベラフォンテ。彼の歴史とアメリカや世界の歴史を追うドキュメンタリー。

1927年にハーレムで生まれたハリー・ベラフォンテ。ジャマイカ人の母とマルティニークの父を持ったベラフォンテは、どことなくエキゾチックでハンサムなルックスだった。たまたま見に行った演劇に惹かれて、舞台に立つようになり、ベラフォンテのトレードマークともなった歌声は、その舞台で発見された。最初はジャズを歌わせられていたが、どうも自分でもしっくりいかないと思っていたところに出会ったのが、レッドベリーの曲だったという。そこで歌の勉強をし始めた時に出会ったのが、ポール・ロブソン。このロブソンの存在が無かったら、ベラフォンテは今のような活動家になっていただろうか?しかしこのロブソンとの関係が、ベラフォンテを苦しめる時もあった。しかし彼はそれを後悔などしていないし、寧ろ誇りに思っている。ベラフォンテが居なかったら、ウィ・アー・ザ・ワールドも無かった。今のように芸能人が慈善活動に積極的になったのも、このベラフォンテありきだと感じた。彼の歩んだ時代が彼を作り、そして彼が生きてきた時代が彼を欲したと感じる。

ベラフォンテは、85歳となった今でも現役の活動歩兵である。エンターテイナーとして彼の信念を歌い演じ、そして活動家として世界中を駆け巡った、彼が戦った記録の全てがここにはある。尊敬という言葉しか浮かばない。

(8/13/12:DVDにて鑑賞)