SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
*駒草出版 WEBにてBLM(ブラック・ライヴズ・マター)を理解するための5本を寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 2月号にて「オールタイム・シスターフッド映画30」と「イケメン女優名鑑BIG5」に寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 1月号にて監督4名について、そして『40歳の解釈: ラダの場合』レビューを寄稿。(11/21/20)
*映画秘宝 12月号にて『ラヴクラフトカントリー 恐怖の旅路』について寄稿。(10/21/20)
*映画秘宝 11月号にてチャドウィック・ボーズマンの追悼文を寄稿。(9/19/20)
*映画秘宝 10月号にて『サミュエル・L・ジャクソン in ブラック・ヴァンパイア』、『行き止まりの世界に生まれて』について寄稿。(8/21/20)
*映画秘宝 9月号にて『ザ・ファイブ・ブラッズ』レビュー&キャスト、最新ブラックムービー&ドラマ10選、ブルース・リー『Be Water』レビューを寄稿。(7/21/20)
*ミュージック・マガジン 8月号「ブラック・ライヴズ・マター」特集の「映画ガイド」にて29作選出、11作を解説を寄稿。(7/20/20)
*FRIDAYデジタルにて「映画が描いてきた「Black Lives Matter」の深層」というコラムを寄稿。(6/18/20)
過去記事

The Paperboy / 日本未公開 (2012) 1052本目

今ね、映画環境がすこぶる良いんですよっていうか、そういう所を選んだのもあるんですけどね。ブロックバスター系の映画館もちょっと頑張ると歩けるのですが、アメリカでは大都市でしか見かけないような単館系の映画館が歩いて5分もない所にある!でも、あまりブラックムービー系は上映しないだろうなーなんて思ってたけど、なんとこの映画が上映されてた!人生賭けてみるもんだよね。幸せは歩いてこない、だーから歩いていくんだよー!を実感してるよ、チーター… という訳で、「Precious: Based on the Novel Push by Sapphire / プレシャス (2009)」がアカデミー賞候補になり、自身もアカデミー監督賞の候補にまでなったリー・ダニエルズの最新作。そりゃ、楽しみですよね。

とにかく薄気味悪い映画。観た後は絶対に精神的なダメージを受けちゃうような作品。1969年のフロリダの南部が舞台。そこで起こった事件を追っていくんだけど、フロリダ南部ってこんなに薄気味悪かったけ?と思う位に、陰湿。なんか「Poor Pretty Eddie / 日本未公開 (1975)」的な気持ち悪さのある映画。サウザンゴシックっていわれるジャンルね。湿った小川のバイユーが厭に印象深く、その湿った気持ち悪いバイユーに居るかのように、居心地の悪さを感じさせる作品なのです。

ジョン・キューザックが演じるヒラリーという男が監獄に居る。けど、「マイアミ・タイムズ」の記者ワード(マシュー・マコノへー)とヤードリー(デビット・オイェロウォ)はヒラリーの無罪を信じている。そしてヒラリーには文通によって婚約した女性シャーロット(ニコール・キッドマン)が居て、そのシャーロットの助けを借りて、2人は真実を明かそうとしていた。そして事件の舞台は、ワードの地元。実家には大学を中退したジャック(ザック・エフロン)が居て、彼等の父は地元で新聞を発行している人物だった。ワードはジャックを雑務として使っていく。ジャックは童貞だから、すぐにシャーロットに惚れてしまうんですよ。ジャックが童貞なのは、死んだお母さんの言いつけを守っているから。そしてこの映画のナレーションは、そのワードとジャックの家でメイドとして働いているメイシー・グレイ演じるアニータという女性。

これがね、物語が面白かった。同タイトルの原作があるんだけど、どうやら原作とは変えている部分が多い。原作ではワードが主役だけど、この映画ではジャックが主役気味。そのフロリダの田舎町で大人になっていくジャックがメインに描かれている。そのジャックを演じたザック・エフロンは、ちょっと前までティーンのアイドル的存在だったけど、見事にいい垢が落ちた感じ。ブリーフ一丁で、頑張ってる。良い感じのバカぽさがいい。80年代のロブ・ロウを彷彿させるというかね。そしてマシュー・マコノへーが演じたワードも一ひねりあって最高だった!カッコいい兄上かと思ったら、ちょっとひねってあるんだよね。最高。「Magic Mike」といい、今年のマシュー・マコノへーは私にとってキレキレだね。こういう気持ち悪さが最高だよ。思わず映画館の中で「えー!」って驚いたもん。衝撃的。あのシーンは今年一番気持ち悪かったね。そして、カンヌ映画祭で上映された時に話題になったのがニコール・キッドマンね。超おバカなシャーロットという女性を演じているんだけど、トム・クルーズと別れて吹っ切れたのかな?凄かった。ジョン・キューザックと初めて監獄の面会で会うんだけど、その時に擬似セックスをするんだけど、凄い衝撃的なシーンでした。そしてもう一つ衝撃的なシーンがあって、クラゲに刺されたジャックを救おうと尿を掛けるシーンがあるんだけど、キッドマンは「リアリティ」を追及する為に、実際にしたとの噂。その噂を聞いた時には、「どうしたんだ!きっどまーーーん!」って思った。けど、その映像を実際に見るとはもっと「どうしたんだよーーー、きっどまーーーーーーーーーーーん!」ってなるよ。でもジョン・キューザックだけは顔が切な顔だから、頑張ってたけど合ってなかったよね。あれがトム・サイズモア辺りだったら、私、怖くて絶叫していたと思う。ジョン・キューザックにはマチェーテじゃなくて、やっぱりラジオが良く似合うんですよ。

まあでもこれがリー・ダニエルズが撮りたい映画なんだろうなーとは強く感じた。プロデューサー時代の頃から薄気味悪くて、衝撃が高い映画を撮ってたものね。性的にアブノーマルで気持ち悪いのが好きだよね、この監督。でもさ、気持ち悪くてもう勘弁!と思いつつも、何度も書くけど物語が面白いから、また観ちゃうんだろうなーとは思う。

フロリダのバイユーも、ポリスアカデミーで見た時は陽気で楽しそうだったのに、この映画ではこんなに陰気になるものですかね!それにしてもこんなエロ気持ち悪い映画を、古びた映画館で、元ジェイソンの中の人だったぽい老人のオヤジと2人きりで観た事が精神的なダメージが大きく、一番怖かったです…

感想やあらすじやオフィシャルサイトはこちら

(4点/5点満点:11/14/12:劇場にて鑑賞)