SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
*駒草出版 WEBにてBLM(ブラック・ライヴズ・マター)を理解するための5本を寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 2月号にて「オールタイム・シスターフッド映画30」と「イケメン女優名鑑BIG5」に寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 1月号にて監督4名について、そして『40歳の解釈: ラダの場合』レビューを寄稿。(11/21/20)
*映画秘宝 12月号にて『ラヴクラフトカントリー 恐怖の旅路』について寄稿。(10/21/20)
*映画秘宝 11月号にてチャドウィック・ボーズマンの追悼文を寄稿。(9/19/20)
*映画秘宝 10月号にて『サミュエル・L・ジャクソン in ブラック・ヴァンパイア』、『行き止まりの世界に生まれて』について寄稿。(8/21/20)
*映画秘宝 9月号にて『ザ・ファイブ・ブラッズ』レビュー&キャスト、最新ブラックムービー&ドラマ10選、ブルース・リー『Be Water』レビューを寄稿。(7/21/20)
*ミュージック・マガジン 8月号「ブラック・ライヴズ・マター」特集の「映画ガイド」にて29作選出、11作を解説を寄稿。(7/20/20)
*FRIDAYデジタルにて「映画が描いてきた「Black Lives Matter」の深層」というコラムを寄稿。(6/18/20)
過去記事

Flight / フライト (2012) 1049本目

我らのデンゼル・ワシントン王は何か吹っ切れた模様です!
デンゼル王にとっての前作(そしてトニー・スコット監督の遺作となってしまった)「Unstoppable / アンストッパブル (2010)」のプロモ中に、この作品について「公開されるのが楽しみ」と、普通なら「アンストッパブル」を全快で宣伝しなきゃいけないのに、「フライト」の方を楽しみにしてしまっていたデンゼル王。撮影中に「この俺イケテル!」って自信があったんでしょうね。実際にかなり「イケテ」ます。ハリウッド・リポーター誌の次期オスカー候補となりそうな男優にも、ジェイミー・フォックスと選ばれたデンゼル王。黒人俳優同士がオスカーで争う事になったら、私、超胸熱であります。

とは言え、デンゼル王が演じた主役のウィップはデンゼルが演じた中では過去最悪のダメ人間。腕には自信のあるパイロットなんだけど、アル中でしかもコカインまでやるダメ人間。離婚して、しかも若いスチュワーデスとデキてる。自分の子供とも疎遠。オーランドからアトランタに向かう飛行機のキャプテンとして操縦するが、その前にコカインをキメている。激しい雨の中の操縦だったが、難なく安全な高度まで上げる事に成功させる。その後はアルコールたっぷりのオレンジジュースを飲んで、副操縦士に運転任せて、お昼寝しちゃうデンゼル王。しかし装備不備から、突然機体が乱れ、デンゼル王の腕でなんとか最小限の被害だけで済むことが出来た。だけど、デンゼル王の血中にはアルコールやらクスリが残っていたから、まあ大変!

冒頭からね、女性のヌードが過ぎるんですよ。「Devil in a Blue Dress / 青いドレスの女 (1995)」では、ラブシーンを頑なに拒んだデンゼル王がね、エロ過ぎるんですよ!!子供の頃はディズニー映画しか観れなかった真面目人間デンゼル王が、なんでまたあんな事に!!っていうか、あのヌードシーンあそこまで要らないよね。つーか、デンゼル映画だからその辺は安全だと思って、ティーンの子供連れて行ってしまいました… ( ̄Д ̄;) ガーン デンゼル王への信頼返して!

まあでもアルコール中毒の怖さを素晴らしく描いていると思います。自分は平気と思っているのが一番怖い!認められないんですよね。自分はすぐに止められると思ってる。その恐怖は真面目に描いている。あの真面目人間デンゼルがダメ人間を演じたからこそ、それが見えてくるんですよ。そういう所がデンゼル王の「さすが」の部分。血の涙が印象的。

この映画のプロモでテレビでインタビュー受けてるデンゼル王を見た。その時にインタビュアーの人が「色々と想像していたのと違ってました」と感想を述べたら、デンゼルは「映画見に行って、想像通りにいかないなんて、最高だろ!」って答えていましたわ。本当に色々と想像していた作品とは違います。若い頃に比べて、色々と吹っ切れたデンゼルでしたね。まあネタばれになるから書かないけど、劇場で驚いてください。まさかのデンゼルの「アレ」が観れちゃいます。ヴィング・レイムスのおじきじゃなくて、デンゼル王が??デンゼルがあの部門に参戦とは、ヴィングのおじきもウカウカしてられない!!

設定がいいよね。お父さんがタスキーギ・エアメンの1人。なのでP-51への思いも強い。ウィップ自身も、ネイビーのパイロットでベトナムに行っている。色々と手助けしてくれるチャーリーはその時の戦友。だから甘えてる。

とは言え、素晴らしい作品ではあるけれど、好きな作品かといえば否ですな。音楽もビル・ウィザースとか、良いに決まってる!でも決まり過ぎなんだよね。ラストはあの後、マルコムXに変身するんでしょ?って思っちゃう。

感想やあらすじやオフィシャルサイトはこちら

(4.5点/5点満点中:11/7/12:劇場にて鑑賞)