SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Say Amen, Somebody / マザー (1982)

Cast >> Willie May Ford Smith, Sallie Martin, DeLois Barrett Cambell, Billie Barrett Greenbey, Edward O'Neal, Rhodessa Barrett Porter, Zella Jackson Price, Bertha Smith, Michael Keith Smith ...
Director >> George T. Nierenberg
Genre >> Documentary

総合ポイント >> 4.5/5点満点
Contents >> 4 Performance >> N/A Direct >> 4 Music >> 5

Natural rustic soul
ウィリー・メェ・フォード・スミスは80歳を迎えようとしていたが、現役でゴスペルを歌うシンガーであった。20年代からゴスペルを歌っていたウィリー・メェは、皆から「マザー」と呼ばれていた。そして実生活でも母であり、母として「マザー」として、その生活すべてをゴスペルに捧げていたのだった。

ものすごく土着なゴスペルのドキュメンタリー。胡散臭い演出がまったく見えない。余りにも自然体。ウィリー・メェは、ゴスペルの父と呼ばれるトーマス・A・ドーシーと共にゴスペルのコンベンションを開いている。2人共に歩くのがやっとなのに、元気に歌うのである。ゴスペルは人々の心を呼び起こす。ウィリー・メェの息子も、自分の母の歌声で泣いてしまう程である。思うに黒人は人一倍人の前では涙を見せない。奴隷時代にどんな酷い扱いをされたって、食いしばり、涙なんて見せなかった。しかしその黒人達は、教会ではびっくりするくらいに涙を見せ、真の姿を顕にさせる。ゴスペルにはそういう力がある事を、今回改めて見せ付けられた感じがした。そして悪魔の音楽といわれたブルースとゴスペルが、ゴスペルの父ドーシーの元で結びつくのが、面白い。やはり黒人は第2の人生にかけている。

ゴスペルは黒人の生の声であり、このドキュメンタリーは黒人の生の姿を浮き彫りにしているのだ。

(7/14/12:DVDにて鑑賞)