SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Camp de Thiaroye / 日本未公開 (1988)

Cast >> Sidiki Bakaba, Hamed Camara, Philippe Chamelat, Moussa Cissoko, Ismaila Cisse, Eloi Coly ...
Director >> Ousmane Sembene, Thierno Faty Sow
Writer >> Ousmane Sembene, Thierno Faty Sow
Producer >> Mustafa Ben Jemja, Ouzid Dahmane, Mamadou Mbengue
Genre >> Drama
Country >> USA

総合ポイント >> 5/5点満点
Contents >> 5 Performance >> 5 Direct >> 5 Music >> 5

White or not, no different.
1944年、第2次世界大戦の頃、フランス軍は植民地のセネガルをはじめとする西アフリカの男性を兵士として使っていた。そんな西アフリカの兵士達が戦闘を終えて、すぐに帰還させてもらえず、セネガルダカール近郊のチャロユの戦時捕虜キャンプで功労金の支払いを待つ事になった。しかし食べ物は粗末で、扱いも雑だった。そして肝心な功労金をフランスのフランから現地のお金に換金する時にも、フランス軍の上部は通常の半額にしようとしていた...

セネガルでは「チャロユの大虐殺」と呼ばれている悲劇の事件を、アフリカ映画の父ウスマン・センベーヌが描いた作品。センベーヌもフランス軍から徴兵され、軍人経験がある。この映画では兵士達がセネガルに戻ってきた時から刻々とそのフランス軍の酷さが語られている。センベーヌの上手さは、ディアッタというとても真面目で秀才なセネガル兵士を中心に描いた事。ディアッタという人を通して、様々なアフリカの姿が見えてくる。フランス文学からアメリカ文学まで嗜み、フランス軍の上部が英語が出来ないのに、ディアッタは流暢に話す。そしてディアッタはフランス人の白人女性と結婚しているが、叔父から自分の娘と結婚するように迫られている。そしてディアッタは間違いで、アメリカの黒人兵士から乱暴を受けるが、その後に2人が友情を育む所など、最高だ。またこのディアッタという兵士を丁寧に描いたからこそ、ラストが非常に切ない。こんな事、絶対にあってはならないのだ!と観客に強烈に訴えてきて、心に残る。

センベーヌの真骨頂。センベーヌはいつでも芸術の才能で戦う誇り高き戦士なのだ。彼の戦術はいつも緻密で正義感に溢れている。だからこそ、私達の記憶に残るのだ。

(5/30/12:DVDにて鑑賞)