SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*Cinemoreにて定期的に映画について書いております。
*映画秘宝 1月号にて『ルディ・レイ・ムーア』について寄稿&インタビュー翻訳手伝い。(11/20/19)
*Cinemoreにて『大逆転』(83)についてを寄稿。(7/17/19)
*Cinemoreにて『星の王子ニューヨークへ行く』(88)についてを寄稿。(7/6/19)
*Cinemoreにて『スタンド・バイ・ミー』(86)についてを寄稿。(7/2/19)
*サイゾー 7月号にて『ザ・ヘイト・ユー・ギヴ』についてコメント出しております。(6/18/19)
*Cinemoreにて『シャフト』(2000年)についてを寄稿。(6/26/19)
*映画秘宝 7月号にてジョン・シングルトン追悼記事を寄稿。(5/22/19)
*ENGLISH JOURNAL (イングリッシュジャーナル) 6月号にて「ブラックムービーとアカデミー賞」の記事を寄稿。(5/7/19)
*ユリイカ5月号のスパイク・リー特集にて2本の記事を寄稿。(4/27/19)
*映画秘宝 6月号の「サノスの倒し方大全!」特集でサノスの倒し方を寄稿。(4/20/19)
*Fridayデジタルにて「激ヤバで面白い『ブラック・クランズマン』はトランプへの挑戦状!」というコラムを寄稿。(3/20/19)
*映画秘宝 5月号にてブラックムービー、スパイク・リー、『ブラック・クランズマン』、『ヘイト・ユー・ギブ』を寄稿。(3/20/19)
*映画秘宝 4月号にて『ビール・ストリートの恋人たち』&『グリーンブック』レビューを寄稿。(2/21/19)
*DU BOOKS 「ネットフリックス大解剖 Beyond Netflix」に『親愛なる白人様』について寄稿。(1/25/19)
*映画秘宝 3月号秘宝ベスト&トホホ10&ドラマ・オブ・ザ・イヤー2018に参加。(1/21/19)
*リアルサウンドにて「ブラックムービーの今」というコラムを寄稿。(1/3/19)
*『ブラック・クランズマン』マスコミ向け試写会用プレスにスパイク・リーについて寄稿。(12/19/18)
過去記事

Trespass / トレスパス (1992) 1037本目

この前の「The Art of Rap : Something from Nothing / ART of RAP (アート・オブ・ラップ) (2012)」見てたら見たくなっちゃった映画です。アイス・Tとアイス・キューブの両アイスの夢の共演!っていうか、ウォルター・ヒルやっぱりいいよねー!!こういう男ばっかりの男臭い映画やらせたら最高よ。女なんて一人も出てこないもんね!あのエロいアイス・Tが居るのに女っ気が無いなんて!!しかも廃屋が舞台だから、何か本当に臭そう。死体まであるし。まあだからこその緊張感よね。絶対絶命な訳ですよ。アーカンソーで消防士やっている2人が、火災の消火活動中に老人から新聞記事と地図を貰う。それが昔盗まれた宝の在り処の地図だと分かると、そこへ2人はその地図が示すセントルイスに向かう。そこが、工場の廃屋だったという訳。まあ廃屋だし...と宝探しをはじめるけれど、そこはアイス・Tが率いる黒人ギャングが取引などで普段使っていた場所だった。しかもその日にもアイス・T達が来ちゃう訳ですよ。で、やたらと正義感の強いバカがアイス・Tに見つかっちゃう。そうなるといたちごっこだよね。アイス・T達が包囲しちゃって、消防士は閉じ込められる。出口なし。でも、アイス・Tの弟が消防士達に捕まって人質になっちゃったから、アイス・Tも下手に手を出せない。色々やっている間に、両方共に内部分裂とかもあって面白い。宝探し+閉じこもり+ギャング闘争=男だらけの追いかけっこですからね!最高ですよ!

アイス・キューブはアイス・Tの手下。まだ若くて血気盛んな感じがあってピッタリ。この人の台詞はなんか頭に残った。アイス・Tの弟思いの親分も中々。弟思いという部分があるから、みんなになんだよあいつと思われてしまう。そして冷静さを失って、仲間からあまり信用されていないレイモンドも呼んでしまうんですよねー。割りと脇も豪華。グレン・プラマーとかさ。この時代のグレン・プラマーはキレキレだったよね。この映画では完全な脇だけど。後はバイロン・ミンズ!この映画ではみんなに怒られてばかりだったけど、今じゃ「Black Dynamite / 日本未公開 (2009)」のブルホーンだね!このアニメ版の声優ぷりも最高です!次回のタイトル読みはこのミンズ。上手いよね。我らマイケル・ジェイ・ホワイトせんせーのマブダチであります。後、ストーニー・ジャクソンね。癖のある顔。青空球児師匠みたいなゲロゲーロ顔。でも彼、マイケル・ジャクソンの「ビート・イット」にも出ている。昔はちょっとしたアイドルだったらしい。

しかもこれなぜかロバート・ゼメキスが脚本書いてるんだよね。面白い筈だよー!「バック・トゥ・ザ・フューチャー」だよ。

感想やあらすじはこちら。

(4.75点/Unknown:10/1/1:DVDにて鑑賞)