SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Woman Thou Art Loosed: On the 7th Day / 日本未公開 (2012) 1034本目

Woman Thou Art Loosed / 日本未公開 (2004)」に続いて人気テレビ伝道師TDジェイクスが制作に加わっている作品。日本ではこのテレビ伝道師って、何のことか掴み難いですよね。日本のテレビでは、宗教殆ど出てこないし。所がアメリカでは日曜になると、このテレビ伝道師達がテレビを占拠している。ケーブルでもベーシックと言われる少ないチャンネル数で契約しちゃうと、日曜の朝は宗教ばかりよ。大抵はメガチャーチと言われる巨大な教会の牧師や説教師達がテレビで説教するのを長々と流しているのです。まあでもテレビという媒体は、全国化でもあるのでそんな全国化のチャンネルで放送している説教師達は、キム・カーダシアンなんて名前を知っているTVっ子なら、もちろんビリー・グラハムや最近ならワニータ・バイナムなんて名前を知っている筈。TDジェイクスもその一人。まあテレビで露出しているだけに、スキャンダルもあったりするのが、テレビ伝道師ですけどね。でもTDジェイクスは今の所スキャンダルもない伝道師です。ハンプティダンプティみたいな体格が、いかにも聖職者。ジェイクスは、キリスト教会の高級聖職者ビショップ。

そのTDジェイクスが制作しているので、冒頭から「神は6日で天地を創造した」と言われる。でもこの映画はその続きである「神は6日で天地を創造し、7日目に休息した」という7日目まで追う。何不自由ない幸せな家族に、1日目に娘が誘拐されるという事件が起きる。そこから夫婦はどんどんと壊れていくのです。お互いの秘密がどんどんバレていく。幸せそうな家族にだって、色々な問題があって、今まではそれを隠せば全然問題なんてなかった。もし事件が起きなければ、その問題が明らかになる事も無かった確率が高い。特に夫の方は。でも事件が起きた事でどんどんとバランスが悪くなっていく。まあでも聖職者が作っている映画なので、あれだよね。キリストが間違えた者達を正しい道に導いたって事を、強調してるよね。でもこの映画は割りと普通のサスペンスとして観れちゃう。あんまり難しい事考えなくてもいい感じ。でもタイトルの「Woman Thou Art Loosed」とは聖書の一部で、「女よ、あなたは(病気)から開放された」っていう意味。

まー、面白かったのが、地元刑事として登場するパム・グリア嬢。なんだかムッチムッチになった体で、カウガールな衣装で、タフな刑事を演じております。相変わらずで嬉しい限り。あ、ちなみにハリケーンカトリーナ後のニュー・オリンズが舞台なんですが、グリア嬢はニュー・オリンズ訛りを頑張っております。無理あるけどね。主人公の女性はシャロン・リールが演じている。彼女もいいけど、こういう役はタンディ・ニュートンが一番得意じゃないかな?しかしブレア・アンダーウッドはいつになっても老けないよねー。なんといっても、私が一番若手女優で期待しているニコール・べハーリーが殺気だっていて良い!!こんな風にこれからもいろんな役をやって欲しいわー。

感想やあらすじはこちら

(4点/5点満点中:9/24/12:DVDにて鑑賞)