SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
*駒草出版 WEBにてBLM(ブラック・ライヴズ・マター)を理解するための5本を寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 2月号にて「オールタイム・シスターフッド映画30」と「イケメン女優名鑑BIG5」に寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 1月号にて監督4名について、そして『40歳の解釈: ラダの場合』レビューを寄稿。(11/21/20)
*映画秘宝 12月号にて『ラヴクラフトカントリー 恐怖の旅路』について寄稿。(10/21/20)
*映画秘宝 11月号にてチャドウィック・ボーズマンの追悼文を寄稿。(9/19/20)
*映画秘宝 10月号にて『サミュエル・L・ジャクソン in ブラック・ヴァンパイア』、『行き止まりの世界に生まれて』について寄稿。(8/21/20)
*映画秘宝 9月号にて『ザ・ファイブ・ブラッズ』レビュー&キャスト、最新ブラックムービー&ドラマ10選、ブルース・リー『Be Water』レビューを寄稿。(7/21/20)
*ミュージック・マガジン 8月号「ブラック・ライヴズ・マター」特集の「映画ガイド」にて29作選出、11作を解説を寄稿。(7/20/20)
*FRIDAYデジタルにて「映画が描いてきた「Black Lives Matter」の深層」というコラムを寄稿。(6/18/20)
過去記事

Chico & Rita / チコとリタ (2010) 1032本目

アカデミー賞の長編アニメーション部門にノミネートされた作品。その時にもチラっと書いたけど、この作品が気になってました。やっとアメリカでDVD化。早速観ました。うーん、さすが映画臭覚は狂ってない!見事にハマってしまいました。素晴らしいというか、素敵です。

タイトルのチコとリタのキューバとニューヨークでの恋物語。情熱的でありながらも、とーーっても純愛。「Carmen Jones / カルメン (1954)」を感じさせる部分もある。そしてアフロキューバンジャズを見事に融合させていて、しかもアメリカのジャズシーンも垣間見られる。実在したチャノ・ポソのエピソードも上手く物語に融合させていたり、ディジー・ガレスピーとかチャーリー・パーカーナット・キング・コールまで登場してくる!でもティト・プエンテは白過ぎでキラキラし過ぎかな?キューバのベボ・ヴァルデスの半自伝的なストーリーだそうで、ベボ・ヴァルデス自身が主人公チコのピアノを演奏している。日本の雑貨店のじゃなくて、本家の有名なジャズクラブのヴィレッジ・ヴァンガードが出てきたりするのもいいし、ジャズが地下室で演奏されている雰囲気もいい。

キューバ革命を迎える前のキューバが舞台なので、アメリカ人がキューバにいたり、キューバのミュージシャンがニューヨークに渡ったりというのも描かれている。でも次第に革命に向けて時代は動いている時でもあり、そういう悲劇もある。キューバアメリカの関係は複雑。アメリカはここまで来て搾取していた事が分かる。

男性の方のチコは、先に書いたようにベボ・ヴァルデスがモデル。絵自体もベボ・ヴァルデスがモデルになっている。女性のリタはどうやらリタ・モンタネールらしい。でも実際にヴァルデスとモンタネールが恋愛関係にあったのかは分からないが、結末はどうやら違うみたいですね。この映画の結末が、実に素敵。最高!そんな恋愛してみたいわ!!って思わせてくれます。でも実際にリタ・モンタネールはニューヨークで活躍していた。

絵も実際に俳優を動かせて、それをアニメにしているので活き活きしている。細部にこだわっていて、日本のあのジャズ雑誌「スイングジャーナル」もちゃんと出てた!ってか、スイングジャーナルも休刊しちゃってたんだね。寂しい。でもここでは日本を代表して生きてるよ!そして、特典映像では日本のアポロ社のスケッチブックが、ばっちり映ってました。

感想やあらすじやオフィシャルはこちら

(5点満点:9/21/12:DVDにて鑑賞)