SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
*駒草出版 WEBにてBLM(ブラック・ライヴズ・マター)を理解するための5本を寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 2月号にて「オールタイム・シスターフッド映画30」と「イケメン女優名鑑BIG5」に寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 1月号にて監督4名について、そして『40歳の解釈: ラダの場合』レビューを寄稿。(11/21/20)
*映画秘宝 12月号にて『ラヴクラフトカントリー 恐怖の旅路』について寄稿。(10/21/20)
*映画秘宝 11月号にてチャドウィック・ボーズマンの追悼文を寄稿。(9/19/20)
*映画秘宝 10月号にて『サミュエル・L・ジャクソン in ブラック・ヴァンパイア』、『行き止まりの世界に生まれて』について寄稿。(8/21/20)
*映画秘宝 9月号にて『ザ・ファイブ・ブラッズ』レビュー&キャスト、最新ブラックムービー&ドラマ10選、ブルース・リー『Be Water』レビューを寄稿。(7/21/20)
*ミュージック・マガジン 8月号「ブラック・ライヴズ・マター」特集の「映画ガイド」にて29作選出、11作を解説を寄稿。(7/20/20)
*FRIDAYデジタルにて「映画が描いてきた「Black Lives Matter」の深層」というコラムを寄稿。(6/18/20)
過去記事

Sing Your Song / 日本未公開 (2011) 1022本目

ハリー・ベラフォンテと言えば、バナナ・ボートですか?野茂英雄メジャーリーグに行った時に替え歌された曲なので、日本人にも馴染みが非常にある。でも私的には「Carmen Jones / カルメン (1954)」のハリー・ベラフォンテですね!「カルメン」のベラフォンテは、この世の物と思えない程に美しい。あの美しさに負けないのは、やっぱり当時はドロシー・ダンドリッジでしたね。やっぱり美男美女がスクリーンで恋に落ちると、こちらもドキドキ・ワクワクするもんですよ!!残念なのが歌える二人なのに、歌が吹き替えだった事かな。

後はシドニー・ポワチエの親友ね。面白いことに2人ともに西インド諸島に馴染みが深いというか、故郷は西インド諸島と言ってもいいのに、生まれは2人ともにアメリカ。ポワチエはたまたまフロリダで生まれ、ベラフォンテはハーレム。でもポワチエバハマで育ち、ベラフォンテも幼少の頃はお母さんの故郷のジャマイカに渡り、そっちで育った。同じ時代に主演男優として活躍した2人は、本当に仲良いよね。ポワチエの自伝本にも、随所にベラフォンテが出てくる。なのでこのドキュメンタリーでも、ポワチエがベラフォンテについて語ってます。その語り口がこれまた長年の親友らしくて、良い!公民権運動家としても活躍したベラフォンテは、ミシシッピーで活動家3人が殺された時に、お金をミシシッピーまで運ばなくてはならなかった。ベラフォンテはすぐにポワチエに電話する。でも詳細は伝えない。「週末暇?」と、友達を飲みに誘うかのような電話をした。ポワチエは「暇だけど」と答えると、ベラフォンテは「じゃあ、一緒にミシシッピーに行って欲しい」と頼んだ。ポワチエは「今回は行くけど、お前もう2度と電話するなよ!」と返したという。ベラフォンテはやり手だよね。ベラフォンテがTV界で人種融合を目指したという部分は、本当に面白かった。

そしてベラフォンテは、ポール・ロブソンの弟分。カリプソを世界に広めたベラフォンテだったけど、最初の頃はジャズを歌わされたらしい。でも違うと思ってた。そんな時にとあるクラブでレッドベリーを観て、フォークに心酔する。ベラフォンテの映画でレッドベリーの話が聞けるとは思わず、びっくりした。それで音楽について色々と調べていた時にポール・ロブソンにたどり着いた。それでロブソンがベラフォンテのステージを見に行って、親交が始まったらしい。まあでもそのロブソンとの親交が、ベラフォンテも赤狩りの被害を受けた訳だけど、でももちろんベラフォンテは後悔などしてない様子。寧ろ誇りに思ってるんじゃないかな。そんなベラフォンテは今でも活動を怠らない。先日も、エンターテイメントの現在のパワーカップルであるジェイZとビヨンセが、社会的な活動をしてない事に「2人にはがっかり」と苦言ビヨンセ慌てたのか次の日には白々しく国連大使として頑張ってますよーってアピールしてましたよね。まあでもやっぱり、ハリー・ベラフォンテが50年以上も活動家として活躍してなかったら、ビヨンセだってビビらなかっただろうね。ベラフォンテの言葉には重みがある。語り口が素晴らしい。名言が沢山ある。

ベラフォンテが居なかったら?ワシントン大行進はあっただろうか?あのウィ・アー・ザ・ワールドは生まれただろうか?ブラット・ピットとアンジェリーナ・ジョリーみたいな活動家カップルが居ただろうか?ハリー・ベラフォンテが居なかったら… 考えただけでも恐ろしい。確実に世界をちょっと良くした人。

感想やあらすじやオフィシャルサイトはこちら

(4.75/5点満点:8/13/12:DVDにて鑑賞)