SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
*駒草出版 WEBにてBLM(ブラック・ライヴズ・マター)を理解するための5本を寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 2月号にて「オールタイム・シスターフッド映画30」と「イケメン女優名鑑BIG5」に寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 1月号にて監督4名について、そして『40歳の解釈: ラダの場合』レビューを寄稿。(11/21/20)
*映画秘宝 12月号にて『ラヴクラフトカントリー 恐怖の旅路』について寄稿。(10/21/20)
*映画秘宝 11月号にてチャドウィック・ボーズマンの追悼文を寄稿。(9/19/20)
*映画秘宝 10月号にて『サミュエル・L・ジャクソン in ブラック・ヴァンパイア』、『行き止まりの世界に生まれて』について寄稿。(8/21/20)
*映画秘宝 9月号にて『ザ・ファイブ・ブラッズ』レビュー&キャスト、最新ブラックムービー&ドラマ10選、ブルース・リー『Be Water』レビューを寄稿。(7/21/20)
*ミュージック・マガジン 8月号「ブラック・ライヴズ・マター」特集の「映画ガイド」にて29作選出、11作を解説を寄稿。(7/20/20)
*FRIDAYデジタルにて「映画が描いてきた「Black Lives Matter」の深層」というコラムを寄稿。(6/18/20)
過去記事

Green Eyes / 日本未公開 (1977) (TV) 1017本目

久々に見ました。主演のポール・ウィンフィールドが大好き。私が選ぶベスト名優の5位までには確実にランクイン。IMDBでの評判を読んで、ものすごく見たくてEbayで競り落としたんですよ。ビデオですけどね。なのでビデオからDVDに落としました。うーん、やっぱりポール・ウィンフィールドは素晴らしい!!もし今も彼が生きていたら、オバマ大統領の同性婚支持の表明をどう感じていたんだろう??とかも思う。ポール・ウィンフィールドは70年代に主演として活躍した俳優の1人。ちょうどシドニー・ポワチエデンゼル・ワシントンの間の世代。でも2人のようにハンサムではなく、ハナ肇系。それで主演を務めてたっていうから、すごいでしょ!演技力は半端なかった。私はデンゼルよりも巧いと今でも思ってる。まあ70年代だけど、世間はそんなに同性愛には開いてなかったよね。実はその頃に活躍した俳優でも同性愛者は存在していた。でもみんな隠してたけどね。(まあこの頃の同性愛者の俳優については、いつかチャンスがあるなら絶対に書きたい!)その中で、ポール・ウィンフィールドだけは、オープンだった。オープンというか、隠してなかった。カミングアウトするとか活動するとかじゃなくて、隠してなかったんですね。生き様もカッコいいよね。

そのポール・ウィンフィールドが主演のベトナム映画。と言っても、戦闘系の映画じゃない。ベトナム帰還兵。戦争を終えて、故郷に帰ってくるけど、ベトナム帰還兵は歓迎されない。ベトナムに行く前の仕事は、戻ってきてから職場復帰出来る筈だけど、簡単に首になっていた。これはイラクやアフガンに行った兵士達もそうだったが、週末に州兵やっていたうちの義理の兄が同じように戻れなかった。半年位してから、戻れたみたいだけど。まあお国の為に命張って頑張ったのに、酷い仕打ちばかり。そんな時に思い出したのが、ベトナムに残してきた子供。子供のお母さんによれば、子供はウィンフィールド演じた男のように「緑色の目」をしているという。アメリカに居ても…って事で、ベトナムに戻って、その子供を捜すけど、ベトナムには戦争孤児が沢山いて中々見つける事が出来ない。しかも、その「緑色の目」の本当の意味を知った時に、滅茶苦茶切なくなりますわ。ベトナムの戦場から帰り、アメリカでは生きがいを失った男が、今度は戦場だったベトナムの地で別の生きがいを見つける。ウィンフィールドは、本当にこういうドラマをやらせたら天下一品。ウィンフィールドには、アメリカ人が失った情があるんだよねー。他の人がこういう役やると、胡散臭いんだけど、ウィンフィールドなら嘘ぽくない。また道徳を突きつけるだけの、説教くさい映画にもならないんだよね。最高、ウィンフィールド様!!

感想やあらすじはこちら

(4.75点/5点満点:DVD(元はVHS)にて鑑賞)