SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Vigilante / 報復軍団ヴィジランテ・フォース (1983)

Cast >> Robert Forster (Eddie Marino), Fred Williamson (Nick), Richard Bright (Burke), Rutanya Alda (Vickie Marino), Don Blakely (Prago), Joseph Carberry (Ramon), Willie Colon (Frederico 'Rico' Melendez), Joe Spinell (Eisenberg), Carol Lynley (Assistant D.A. Mary Fletcher), Woody Strode (Rake) ...
Director >> William Lustig
Writer >> Richard Vetere
Producer >> Andrew W. Garroni, William Lustig
Genre >> Crime
Country >> USA

総合ポイント >> 4.75/5点満点
Contents >> 5 Performance >> 4 Direct >> 5 Music >> 5

You got take it, dig it?
ニック(フレッド・ウィリアムソン)は、町に蔓延る悪とそれに対して何もしない警察に飽き飽きしていた。一緒に工場で働いている男達と共に、自警団を作り、悪達に自ら制裁していた。ニック達と一緒に働く普通の男エディ(ロバート・フォスター)の妻と子が、町のギャング達に襲われ、子供が殺された。司法取引し、悪に対して感情を持たない裁判長に怒り、エディは襲い掛かり、30日の刑務所行きとなった。刑務所内では老人のレイク(ウッディ・ストロード)がエディのピンチを救い助けた。エディは、刑務所を出て、真っ先にニックの元へ向かい、子供を殺したギャング達の所に向かうのだった...

80年代に作られたと思えないほどに、70年代。監督はエクスプロイテーション映画に魅せられているのが容易に分かる。なのでその手の映画が好きな人々にはたまらない映画である。フレッド・ウィリアムソンがヒロイックに走り、そしてウッディ・ストロードが力強く拳をあげる。更にはロバート・フォスターが映画の中で男に成長していくのだ。労働者階級が町の影のヒーローとなる。警察官を信頼していない一般市民も、フレッド・ウィリアムソン演じる労働者は信頼している。町の雰囲気が出ているのだ。

フレッド・ウィリアムソンにウッディ・ストロードの使い方が正解。この映画には、たまらないエクスプロイテーションイズムがある。

(3/24/12:DVDにて鑑賞)