SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

アカデミー賞

とうとう賞モノの真打登場。アカデミー賞のノミネートが発表になった。

http://oscar.go.com/nominees

今年は1ページでまとめられていて見やすいですね。

という訳で、やはり「The Help / ヘルプ 〜心がつなぐストーリー〜 (2011)」から主演女優賞にヴァイオラデイビス助演女優賞オクタヴィア・スペンサージェシカ・チャステインがノミネートされた。そして作品賞にもノミネート。

更にはドキュメンタリー部門で「Undefeated / アンディフィーテッド 栄光の勝利 (2011)」もノミネートされている。こちらはメンフィスの主に黒人が通う高校のフットボールチームを追ったドキュメンタリー。

ショート・ドキュメンタリー部門で「The Barber of Birmingham: Foot Soldier of the Civil Rights Movement」がノミネート。アラバマのバーミングハムで床屋をやっている84歳のジェームス・アームストロングを追ったドキュメンタリー。アームストロングは公民権運動時に活動し、セルマ大行進にも参加、そして2008年の大統領選を経験した。2人の女流監督の作品。

そしてノミネートされたヴァイオラデイビスオクタヴィア・スペンサーのコメント。まずはヴァイオラデイビスから。
Oscars 2012 Nominations: The Contenders' Reactions | Hollywood Reporter
OSCARS: Reactions To Academy’s Nominations

この2度目となるノミネーションは、私のキャリアにとって最初の時よりも影響を及ぼす事になるでしょう。けれど正直に言うと、私が愛する...「演技」の仕事に戻る事が待ち遠しいのです。2月27日になれば、全てが終わり、私は普通の生活に戻る事が出来ます。頂いた賞の数々は愛おしく、それらを頂いた事はとても誇らしくそして幸せであります。しかしそれらを引きずる事はしません。結局は俳優なのです。
それと「Extremely Loud & Incredibly Close」が作品賞にノミネートされた事もとても嬉しく思います。(ノミネーション発表で)一番最後に呼ばれたので、ドキドキしておりました。私達は心のある作品ではなくて、技術的に優れた作品に名誉を与えがちであります。私はいつも弱い者の物語やダークホースがどこからともなくやってくる事が大好きです。それは人々に何が伝わるのか予想できない事を証明しているからです。

他のメディアには

この2度目のノミネーションとなる事を光栄に思います。これは個人の成功であり、女性と有色人女性にとっての勝利でもあります。この作品が広く認められて嬉しく、思いついた瞬間から好きだから出来る仕事で、作品のもつインパクトを見るのは報われます。

と答えている。

そしてオクタヴィア・スペンサーのコメント。スペンサーは「ヘルプ」の監督テイト・テイラーや共演者のアリソン・ジャーニーにアーナ・オーライリーやクリス・ローウェルとフォーシーズンズでお祝いをしていた。ジャーニーはノミネーション発表まで居る事が出来なかったが、他のメンバーと一緒に発表を見ていたとの事。

私達はまだ個人的に「ヘルプ」の興行的成功、批評家達からの絶賛、社会的成功をお祝いしていなかったし、何が今日あるか知りませんでした。(ノミネーション発表の時には)私達は叫んだわ。全ての発表毎に私達が知っているようなメリッサ・マッカーシーのような人々時には叫んでたわよ。まだサプライズがあった事が嬉しいです。何も推測したくなかったのです。

そして「Undefeated」の監督ダン・リンゼイとTJ・マーティンのコメント。

素晴らしい監督達と一緒に認識された事を光栄に思います。私達はこの映画に関わった特に我々に彼等の映画を撮る事を信頼してくれた北メンフィスのコミュニティの人々のために興奮しております。これが実際に起こっているとは信じられませんが、認識しないといけません。

なんと今回もゴールデン・グローブに続き、ハーヴェイ・ワインスタインの会社が1人勝ちで16ノミネーションだそう!凄い。にしても、可哀想だよね、レオナルド・ディカプリオ。なんでそこまでオスカーはレオ様が嫌いなんだろう?あと酷いといえば、オリジナル・ソング部門ね。5つノミネーション出来るのに、たった2つだけがノミネート!これにはメアリー・J・ブライジ姉さんがキレている。ノミネートはされると思った。メアリー・J姉さんもファンからの「何にも変わってないわね。(デンゼル・ワシントンが)マルコムXじゃなくてトレーニング・デイで受賞した時みたいに」というつぶやきをRTしていたりしている。その他怒りのファンの怒りのツイートをRT。相当キレてます!

確かに今回のノミネーションは酷い。