SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
*駒草出版 WEBにてBLM(ブラック・ライヴズ・マター)を理解するための5本を寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 2月号にて「オールタイム・シスターフッド映画30」と「イケメン女優名鑑BIG5」に寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 1月号にて監督4名について、そして『40歳の解釈: ラダの場合』レビューを寄稿。(11/21/20)
*映画秘宝 12月号にて『ラヴクラフトカントリー 恐怖の旅路』について寄稿。(10/21/20)
*映画秘宝 11月号にてチャドウィック・ボーズマンの追悼文を寄稿。(9/19/20)
*映画秘宝 10月号にて『サミュエル・L・ジャクソン in ブラック・ヴァンパイア』、『行き止まりの世界に生まれて』について寄稿。(8/21/20)
*映画秘宝 9月号にて『ザ・ファイブ・ブラッズ』レビュー&キャスト、最新ブラックムービー&ドラマ10選、ブルース・リー『Be Water』レビューを寄稿。(7/21/20)
*ミュージック・マガジン 8月号「ブラック・ライヴズ・マター」特集の「映画ガイド」にて29作選出、11作を解説を寄稿。(7/20/20)
*FRIDAYデジタルにて「映画が描いてきた「Black Lives Matter」の深層」というコラムを寄稿。(6/18/20)
過去記事

スティーブ・マックイーン

Hunger / ハンガー (2008)」や「Shame / SHAME -シェイム- (2012)」等で知られるスティーブ・マックイーン監督は、イギリスのBBCが自分のプロジェクトをバックアップしてくれる事を望んでいる。マックイーンが描きたいのが1981年に起きたブリクストン暴動。南ロンドンに位置するこのエリアはアフリカ・カリブ系のコミュニティとも知られていて、当時の不景気を煽りを受け、高い失業率、そして住居等の環境の悪さ、更には高い犯罪率を住民はいつも感じていた。1981年の年明け早々の1月に起きた放火が、人種を動機とした放火だったといわれ、若い黒人が亡くなった。しかも警察の捜査はちゃんと行われなかったので、黒人の活動家達が立ち上がった。3月には活動家達を中心に行進が行われ、そして4月に「暴動を引き起こした」と何名かが逮捕。4月に入り、黒人の少年が暴力を振るわれ重傷だったが、見ていた警察は何もせずその少年を放置。刺されていた事が分かっていたが、警察はなぜかすぐに病院に連れていかなった。結果、その少年が亡くなった。住民達は警官が暴力を振るい殺したと信じ、次の日に暴動が発生。結果、警察側は279人が怪我、暴動に参加した一般市民は45人が怪我をし、82人が逮捕されている。

ブリクストンは何度も暴動が起きている。去年2011年にも起きていて、それがマックイーンの動機となっている。マックイーンは「残念ながら起きた(2011年の)夏に、そこには居なかったけど、暴動の人たちは私の母が住むストリートまでやってきたんだ。今は部分的にアムステルダムに住んでいるが、私はまだまだロンドン子。そしてこれは何か違うと感じる。少年が40ポンド盗んで10ヶ月の禁固刑とか、ラッパーのスマイリー・カルチャーが自分自身を刺したって?おい、勘弁してくれよ。まだまだ納得のいく回答がされていない問題がありすぎるんだ。これはギャングなんかじゃない。個々の人々が飽き飽きしていて、より最良な状況を求めているという事なんだ。けど彼等はそれをどう伝え、変えていく方法が分からないんだ」と方っている。

ドキュメンタリーか物語にしていくのかはまだ分かっていない。

‘Shame’ Director Steve McQueen Hoping To Do Project With BBC About 1981 Brixton Riots | IndieWire

これはBBCに是非協力してもらいたい!