SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Tower Heist / ペントハウス (2011)

Cast >> Ben Stiller (Josh Kovacs), Eddie Murphy (Slide), Matthew Broderick (Chase Fitzhugh), Tea Leoni (Gertie Fiansen), Casey Affleck (Cole Howard), Michael Pena (Rick Malloy), Gabourey Sidibe (Odessa Montero), Alan Alda (Arthur Shaw) ...
Director >> Brett Ratner
Writer >> Noah Baumbach, Bill Collage, Adam Cooper, Leslie Dixon, Russell Gewirtz, Ted Griffin, Jeff Nathanson, Rawson Marshall Thurber
Producer >> Brian Grazer, Eddie Murphy
Genre >> Comedy
Country >> USA

総合ポイント >> 3.75/5点満点
Contents >> 3 Performance >> 4 Direct >> 4 Music >> 4

99% vs 1%
ジョシュ(ベン・スティーラー)は、ニューヨークにある「ザ・タワー」と呼ばれる高級アパートの管理マネージャーをしていた。住人の中でも最上階のペントハウスに住んでいるショウ(アラン・アルダ)は、ウォールストリートのやり手の億万長者だった。しかし、そのショウがねずみ講でFBI(ティア・レオーニ)に捕まってしまう。ジョシュは捜査に消極的だったが、ある事がきっかけでショウに激怒し、大事な車フェラーリの窓を叩き割り、クビになった。ジョシュはショウに隠し資産25億ドルがある事を知り、仕事仲間で一緒にクビになったチャーリー(ケイシー・アフレック)とエンリケマイケル・ペーニャ)、そしてタワーに住んでいた元ウォールストリートで働いていたフィッズヒュー(マシュー・ブロデリック)、そしてジョシュの近所に住む犯罪のプロであるスライド(エディ・マーフィ)と共にショウのお金を狙うのだった...

久々にエディ・マーフィのマシンガントークが復活している事でも話題になったコメディ映画。そしてこの映画がアメリカで公開中には、ちょうどニュースではOccupy Wall St.(ウォール街を占拠せよ)の運動が各地で活発化していた所だった。話題になったアメリカの1%とも言われるのが、アラン・アルダが演じたショウのようにウォール街のお金を自由自在に扱う富裕層の人達。そのお金をベン・スティラーが演じていたジョシュという真面目に働いていた99%の一般人が狙うコメディ。これはタイミング的にも、99%が喜んで映画館に通うに違いない!と思いきや、そうでは無かった。なぜかアメリカの観客からは総スカン。ブレット・ラトナーらしい、スピード感溢れるアクションコメディに仕上がってはいる。しかし、観客は自分達の運命をこのようなハリウッド仕立ての甘い物を期待していない事を知らせようとしているのかもしれない。

99%の人々はこの映画のように1%に不幸が持たされる事を期待してはいない。ジョシュが真面目に仕事をして活き活きとしていたような、ホンの少しの幸せを期待しているだけなのかもしれない。タイミングといい、ラストは感傷的になるコメディだった。ただ一つ、やっぱりエディはこっちがいい!

(11/12/11:劇場にて鑑賞)