SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
*駒草出版 WEBにてBLM(ブラック・ライヴズ・マター)を理解するための5本を寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 2月号にて「オールタイム・シスターフッド映画30」と「イケメン女優名鑑BIG5」に寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 1月号にて監督4名について、そして『40歳の解釈: ラダの場合』レビューを寄稿。(11/21/20)
*映画秘宝 12月号にて『ラヴクラフトカントリー 恐怖の旅路』について寄稿。(10/21/20)
*映画秘宝 11月号にてチャドウィック・ボーズマンの追悼文を寄稿。(9/19/20)
*映画秘宝 10月号にて『サミュエル・L・ジャクソン in ブラック・ヴァンパイア』、『行き止まりの世界に生まれて』について寄稿。(8/21/20)
*映画秘宝 9月号にて『ザ・ファイブ・ブラッズ』レビュー&キャスト、最新ブラックムービー&ドラマ10選、ブルース・リー『Be Water』レビューを寄稿。(7/21/20)
*ミュージック・マガジン 8月号「ブラック・ライヴズ・マター」特集の「映画ガイド」にて29作選出、11作を解説を寄稿。(7/20/20)
*FRIDAYデジタルにて「映画が描いてきた「Black Lives Matter」の深層」というコラムを寄稿。(6/18/20)
過去記事

The Heart Specialist / 日本未公開 (2011) 954本目

2006年に制作されていたインディペンデント映画。それがなぜか去年突如劇場公開。まあ、ゾーイ・サルダーニャが出演していたから、彼女の名前を使って劇場公開した訳なんです。やりたい事は伝わっていて、それが見事に出来ていたら、凄く成功していたと思う。という事は、出来てないって事なんですね。なんともチープな感じ。でも最後に種明かしがどんどんされていく所から面白くなりますね。でも最後の10分位だけど。ゾーイ以外にも色んな人がカメオ出演していたりします。「The Meteor Man / スーパーヒーロー・メテオマン (1993)」等のベテラン女優のマーラ・ギブスは、やる気満々のエロいお婆ちゃんを演じてます。そのマーラに迫られる医師が「The Five Heartbeats / ファイブ・ハートビーツ (1991)」とか「Cool Runnings / クール・ランニング (1993)」とかのレオン。BETの音楽番組「106 & Park」の司会者テレンスJとか、ジェイダ・ピンケット=スミスの弟だか兄も出てたし、「Harlem Nights / ハーレム・ナイト (1989)」のジャスミン・ガイ、ウータン・クランメソッド・マン、「The Brothers / 日本未公開 (2001)」のジェニファー・ルイスとか、まあ沢山。監督は、白人らしいが元々医者。なのでこの映画も病院の医者とインターンが主人公。なんでもTVシリーズの「シカゴホープ」とかの医療アドバイザーをやっていたらしい。なんでまた黒人向けの映画を作ったのかが知りたいですね。面白い。

主役はウッド・ハリスとブライアン・ホワイト。ウッド・ハリスが先輩医師。ブライアン・ホワイトはハーバード大学を卒業したインターン。ウッド・ハリスが色々と教えていくのです。その病院でどのように生き残るかを。少し生き抜きするのも必要なので、ウッド・ハリス演じるドクターZと呼ばれているザッカリーは、隠し部屋を持っている。隠し部屋というか、誰も使っていない部屋を自分の個室として使っている。そしてブライアン・ホワイト演じるハワードはモテモテのインターンですな。ゾーイはウッド・ハリスのプラトニックな彼女。まあプラトニックなのには訳があるんです。ウッド・ハリス、今回は前回に比べて良かったですが、やっぱり医者には見えないよね。

感想やあらすじやオフィシャルサイトはこちら。

(3.75点/5点満点中:1/14/12にDVDにて鑑賞)