SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
*駒草出版 WEBにてBLM(ブラック・ライヴズ・マター)を理解するための5本を寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 2月号にて「オールタイム・シスターフッド映画30」と「イケメン女優名鑑BIG5」に寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 1月号にて監督4名について、そして『40歳の解釈: ラダの場合』レビューを寄稿。(11/21/20)
*映画秘宝 12月号にて『ラヴクラフトカントリー 恐怖の旅路』について寄稿。(10/21/20)
*映画秘宝 11月号にてチャドウィック・ボーズマンの追悼文を寄稿。(9/19/20)
*映画秘宝 10月号にて『サミュエル・L・ジャクソン in ブラック・ヴァンパイア』、『行き止まりの世界に生まれて』について寄稿。(8/21/20)
*映画秘宝 9月号にて『ザ・ファイブ・ブラッズ』レビュー&キャスト、最新ブラックムービー&ドラマ10選、ブルース・リー『Be Water』レビューを寄稿。(7/21/20)
*ミュージック・マガジン 8月号「ブラック・ライヴズ・マター」特集の「映画ガイド」にて29作選出、11作を解説を寄稿。(7/20/20)
*FRIDAYデジタルにて「映画が描いてきた「Black Lives Matter」の深層」というコラムを寄稿。(6/18/20)
過去記事

Everything Must Go / 日本未公開 (2011)

Cast >> Will Ferrell (Nick Halsey), Rebecca Hall (Samantha), Laura Dern (Delilah), Christopher Jordan Wallace (Kenny Loftus), Stephen Root, Glenn Howerton (Gary), Michael Pena (Frank Garcia) ...
Director >> Dan Rush
Writer >> Dan Rush, Raymond Carver (short story "Why Don't You Dance")
Producer >> Marty Bowen, Wyck Godfrey
Genre >> Comedy
Country >> USA

総合ポイント >> 4/5点満点
Contents >> 4 Performance >> 5 Direct >> 4 Music >> 4

Everything must go! but if some left, it's yours.
ニック(ウィル・フェレル)は仕事に恵まれていたが、アル中で問題を起こしクビになった。16年も働いたのに会社が渡したのは、名前入りのサバイバルナイフだけだった。そして家に帰ったら、妻は出て行った後で、ニックの私物が全て庭に出されており、鍵も変えてあって家に入ることすら出来なかった。仕方なく庭で一夜を過ごし、次の朝に助けにやってきたのが、警官でもある知り合いのフランク(マイケル・ペーニャ)だった。ヤードセールをすれば良いとアドバイスを受け、そうする事になった。そんな時にやってきたのが、少年のケニー(クリストファー・ウォレス)だった。ケニーをアシスタントにヤードセールを始めるが...

喜劇の四天王の一人ウィル・ファレルが「割りと」シリアスに演じているコメディドラマ。アル中でしかも酔うと問題児となってしまう主人公のニック。止めたつもりでも、つい魔が差してしまいまたトラブルになる。仕事をしていた時にはちゃんと数字として結果を出していて、地位も高く、持ち家があって、休暇にはヨーロッパや日本(しかも日本には2回も)にも訪れるほどの余裕があって、貯金も450万円ほどあった。450万円は日本人にとっては少ない数だけど、持ち家のあるアメリカ人ではまあまあかもしれない。そんな男がある日全てを失ってしまう。車も会社から支給されていたので没収。クレジットカードも妻が止めてしまう。人生破れかぶれ。まあアル中な男が一番悪い。しかし男はどん底を迎えても尚、何にも分かってはいない。飲み続ける。お金も妻も仕事も全てを失ったが、逆に新しく与えられた物もあった。それに気づいた時に男は少しずつ変わる。
ウィル・ファレルどん底ぶりは、いつものお得意とする天真爛漫なカリフォルニア男とは違う。でも随所にウィル・ファレル節が残っていて、上手いこと悲劇が喜劇になっている。そんなどーしようもない中年に無邪気に接しているのが、ケニー役のクリストファー・ウォレス。この2人が絶妙のコンビネーションで共にスクリーンで成長する。

全てを手放せばならない時にどうしても残ってしまう物。それが人生の宝物。

(11/7/11:DVDにて鑑賞)