SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

The Catch / 飼育 (1961) (1961)

Cast >> Rentaro Mikuni (Kazumasa Takano), Hugh Hurd (Black Soldier), Jun Hamamura (Farmer works for Kazumasa), Toshiro Ishido (Jiro, Yoichi's son), Yoshi Kato (Yoichi Kokubo) ...
Director >> Nagisa Oshima
Writer >> Toshiro Ishido , Toshio Matsumoto, Tsutomu Tamura, Teruaki Tomatsu, Kenzaburo Oe (novel)
Producer >> Masayuki Nakajima, Saburo Tajima
Genre >> Drama
Country >> Japan

総合ポイント >> 4.75/5点満点
Contents >> 4 Performance >> 5 Direct >> 5 Music >> 5

Opportunism
昭和20年の第二次世界大戦末期、日本の山村にアメリカ軍の飛行機が墜落した。村人は唯一生き残った黒人兵士(ヒュー・ハード)を村に連れてきた。村人達は村の本家である地主の一正(三國連太郎)を中心に、表彰されるかもしれないので、役所が正式に扱いをどうするのか決めるまで、黒人兵士を「飼う」事にした。しかし自分達も食べる物が限られている中、「飼う」事が困難だった。敵兵である黒人兵士の存在のせいで、村人達が不幸になっていく...

大江健三郎の「飼育」を大島渚監督が映画化。大江の「飼育」を大島監督なりに解釈。大江の敵兵と少年達の結び付きは、少年が大人になるきっかけとなっていた。ここではよりドラマチックに少年が大人になるきっかけを与えている。この作品では黒人兵はほんのきっかけに過ぎなかった。ほとんど台詞もなく、黒人兵について語られる事はない。それよりも戦争末期で混乱していた山村が描かれている。彼らが外の世界を知るのは、疎開してきた子供達か、役所の男である。その両者に翻弄されていくが、村人達はそれを黒人兵のせいにしていく。そして戦争は村人達を野蛮にそしてご都合主義にさせていくのだった。

戦争の最中、いや終戦近くなっていて、人々の心は乱れていた。絶対的な物が壊れたのだから。その中で、人々は自分だけ良ければいいという風になっていく怖さ。人の命が粗末に扱われていく怖さ。それらを見事に描き出している。

(10/23/11:劇場にて鑑賞)