SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

スクリーン・アクターズ協会賞(SAG賞)

全米俳優協会(SAG)のスクリーン・アクターズ協会賞のノミネートが発表になった。「The Help / ヘルプ 〜心がつなぐストーリー〜 (2011)」からは、主演女優賞部門でヴァイオラデイビス、そして助演女優賞部門でオクタビア・スペンサーとジェシカ・チャステイン、そしてアンサンブル部門(にはデイビスとスペンサーに加えてシシリー・タイソンも!)と計4部門で、ノミネーションの数がトップとなった。
そしてローレンス・フィッシュバーンが一人舞台「Thurgood / 日本未公開 (2011)」の演技で、TV映画部門の主演男優賞にノミネートされている。こちらの作品は舞台を撮影したTV映画。フィッシュバーンが黒人初の最高裁判所判事となったサーグッド・マーシャルを演じている。
またテレビ部門のドラマ・アンサンブル賞では、「BREAKING BAD」でジャンカルロ・エスポジート、「BOARDWALK EMPIRE」からマイケル・K・ウィリアムス、コメディ・アンサンブル賞では「30 ROCK」のトレイシー・モーガン、「GLEE」でアンバー・ライリー、「THE OFFICE」ではクレイグ・ロビンソンが選ばれている。

http://www.sagawards.org/media-pr/11213(全ノミネートリスト)

今回のノミネーション発表は、SAGから先に「ソーシャル・メディア大使」に選ばれた女優のレジーナ・キングが登場し、発表を手伝った。

発表を聞いた、オクタビア・スペンサーは次のようにコメントしている。

朝の2時45分に起きてしまいました。この直前までこの出来事に感情的に直視出来ませんでした。がっかりしたくなかったのです。けれど、やっと昨夜実感が沸きました。実現するかもしれない!しかし発表は怖くて見る事が出来ませんでした。非常にありがたい事です。支払いさえ出来なかった頃にあったが、こうして信じて進んできました。人生はほんの僅かの事で変われるんですね。私達の映画が人々に認知されたことを知るのは、もっとも報われた事でした。そして一緒にノミネートされた共演者達についても嬉しいです。大喜びしております。私達は「出来たとても小さな映画」なのです。

そしてジャンカルロ・エスポジートのコメント。

今はカナダの山の中に居ます。朝の5時に私の広報が電話をくれました。ヨガの用意をしてましたが、電話は鳴りっぱなしでした。とても興奮しております。演技を始めてから随分と長い事になりましたが、このような素晴らしい共演者達と一緒になれる事はワクワクします。普段は賞やノミネーションについて考える事はないのです。ただキャラクターを作り上げ、そして新しい家族の仲間になる事だけを考えております。同士である俳優達からのノミネーションには、今までで最高の気分であります。人々は私に「貴方は俳優の中の俳優だ」と言ってくれますが、それを実感する事はなかったのです。この「Braking Bad」ファミリーが大好きです。こんなに満ち足りたり幸せに感じたことはありません。

発表は2012年1月29日。

びっくりなのが「Shame / SHAME -シェイム- (2012)」のミヒャエル・ファスベンダーが外れた事!前評判も良いし、予想でも選ばれるであろうといわれていたのに!!