SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

A Mother's Prayer / 日本未公開 (2009) (Video)

Cast >> Robin Givens (Brenda), Johnny Gill (James), Kyon Adams (Pamela), Jermaine Crawford (Darren), William Davenport (J.J.), Shenae Edwards (Brianna) ...
Director >> James Seppelfrick
Writer >> Alvin Moore Jr.
Producer >> David Eubanks, Eric Tomosunas
Genre >> Musical
Country >> USA

総合ポイント >> 3.25/5点満点
Contents >> 3 Performance >> 3 Direct >> 3 Music >> 4

I gotta say...My, My, My
牧師のジェームス(ジョニー・ギル)と妻のブレンダ(ロビン・ギビンス)は、双子のJJ(ウィリアム・ダヴェンポート)とブリアナ(シェネイ・エドワーズ)に末娘パメラ(キョン・アダムス)に恵まれた。しかし17歳という年頃となった双子は厳しすぎる父に反発して、2人共家を出て行ってしまう... 5年も両親に連絡取らずに居た2人だったが...

言ってしまえばタイラー・ペリーの舞台の2番煎じ。焼き増しである。同じようにミュージカルの舞台として、クリスチャンの教えをコメディに合わせて説いていくという作品。脚本を書いた人が女装ではないが、お爺さんに変身して作品に出演している部分も同じ。牧師家庭を舞台にしているので、よりクリスチャン色が強いかもしれない。ニュー・エディションの中でも実力派のジョニー・ギルが歌うゴスペルがより一層クリスチャン色を高める。ファンにとってはお馴染みのジョニー・ギル節も最高潮。目の前のファンの期待に見事に応えている。しかし「神のみが全ての最悪の状況を変える事が出来る」という台詞には、非クリスチャンとしては興ざめしてしまう。教会に戻れば全てが解決されてしまっているのも釈然としない。

こういう映画(説教)が増えてしまうと、余計に黒人社会は進展していかないのでは?とも思えてしまう。それと同時に誰かと同じ焼き増しでは、黒人映画界も発展していかないのだ。

(9/11/11:DVDにて鑑賞)