SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

エディ・マーフィ

全米では今週末から公開される「Tower Heist / ペントハウス (2011)」に出演のエディ・マーフィ。プロモーションで様々なTV番組や雑誌やウェブサイトのインタビューを受けているが、沢山の爆弾を落としているので、それらをまとめて紹介。

エディ・マーフィと言えば、やはりアクセル・フォーリー。彼を国際的なスターにさせたキャラクターである。そのアクセルを復活させる「ビバリーヒルズ・コップ4」の制作の噂があったが、エディにとってもアクセルは大事なキャラクターであるようで、今回のプロモーションでアクセルについて語っている。
ビバリーヒルズ・コップ4の制作の話は無くなってしまったが、テレビシリーズで復活させたいと考えているんだ。アクセル・フォーリーの息子が活躍するようなシリーズで、アクセルはデトロイト市警の署長になっているんだ」と語っている。そしてエディ自身がプロデュースに参加する気もあると言う。

Eddie Murphy in 'Beverly Hills Cop 4': Director Isn't Giving Up | Hollywood Reporter

そのアクセルを演じる前に参加していたのが、アメリカの人気コント番組「サタデー・ナイト・ライブ」。この番組でエディの知名度と人気が全国化した。しかし1984年に番組を去っている。それについてローリングストーン誌のインタビューで「SNLは俺が番組を去った後にとんでもない事を俺にしでかしたのさ。随分とくだらない事を言ってくれた」と話した。デビッド・スペイドが番組で「falling star(落ちていくスター)」というコントを披露したのが原因だと言われている。「凄くイライラさせられた。でも今はそれも消えたね。なんとも思ってない」と語っている。

Has Eddie Murphy Squashed His Grudge With 'SNL'? | Hollywood Reporter

そしてエディにはコメディの神とも言われたRichard Pryor (リチャード・プライヤー)の自伝映画のプロジェクトがあった。しかしそれについて「私はそのプロジェクトに参加していた事が無かったんだ」と話している。しかし「リチャード・プライヤーの自伝映画について会話はした事ある。でもごく初期段階でそれを越していた訳じゃない。でもビル・コンドン(作品の映画監督)は素晴らしい脚本を書いたよ」と語っている。今はマーロン・ウェイアンズがプライヤーの役を獲得し、役作りの為に全米を回るスタンダップコメディのツアーを行っている。

http://blogs.indiewire.com/theplaylist/archives/2011/10/28/eddie_murphy_reveals_he_was_never_involved_with_a_richard_pryor_biopic/

エディは次回のアカデミー賞の司会でもある。オスカーでは恒例?となっているオープニングの踊りや歌について、「レイト・ナイト・ウィズ・デビット・レターマン」に出演し語った。「最初からクレイジーな踊りや歌はやらないよって言ってあるんだ」と話、そのクレイジーな歌や踊りをやってみせているのでリンク先を見てほしい。

OSCARS: Eddie Murphy Says He Isn’t Doing “Any Of Those Crazy Dance Numbers”