SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

I Will Follow / 日本未公開 (2010)

Cast >> Salli Richardson-Whitfield (Maye), Tracie Thoms (Tiffany), Omari Hardwick (Troy), Michole White (Fran), Beverly Todd (Amanda), Dijon Talton (Raven) ...
Director >> Ava DuVernay
Writer >> Ava DuVernay
Producer >> Ava DuVernay
Genre >> Drama
Country >> USA

総合ポイント >> 4.75/5点満点
Contents >> 5 Performance >> 5 Direct >> 5 Music >> 4

I was lost, I am found I walkaway, walkaway...I will follow
メイ(サリ・リチャードソン=ホイットフィールド)は、亡くなった叔母アマンダ(ビバリー・トッド)の遺品の整理をしていた。アマンダには娘フラン(ミチョール・ホワイト)が居たが仲たがいしており、アマンダが病気になってからはメイが世話をしていた。しかしフランが家に戻ってきて、メイと衝突する。そしてメイはアマンダを失ってから自分自身の問題とも向き合っていたのだった。

エヴァ・デュヴルネの初長編作品。デュヴルネはLAのアンダーグランドな女性ラッパーだった人。最近はキャリア変更して、プロモーション関係の仕事を経て、映画監督になった。彼女が活躍したLAのグッドライフを舞台にしたドキュメンタリー「This Is the Life / 日本未公開 (2008)」は彼女にしか出来ない佳作だった。今回はちょうど監督のデュヴルネと同じ世代の女性が向き合っていく人生。失った後にさらに人生の選択をしていかないといけない。デュヴルネの演出は徐々にメイという女性の殻をはがしていき、彼女の事を知っていく。それは実に淡々と語られていく。迷いが無いようだ。断固として語られていくのも清々しい。
そして元音楽家らしいデュヴルネらしい音楽の会話も楽しい。それもまた主人公を知る術となる。

またデュヴルネは彼女にしか出来ないようなオリジナリティある作品を作り上げた。女性にしか出来ない事、そしてデュヴルネしか出来ない個性と才能。

(9/3/11:DVDにて鑑賞)