SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

"30 for 30" Jordan Rides the Bus / 日本未公開 (2010)

Cast >> Michael Jordan
Director >> Ron Shelton
Producer >> Mitch Wright
Genre >> Documentary

総合ポイント >> 3.25/5点満点
Contents >> 4 Performance >> N/A Direct >> 3 Music >> 3

Jumpman needed some air
1993年10月、キャリア絶頂期を迎えていたマイケル・ジョーダンが突然の引退を発表する。なんと父と約束していた野球への道へと進むと発表し、世界中が騒然とする。

マイケル・ジョーダンという名前だけで、何の説明も要らない。人によっては彼を「神」と呼ぶ。1993年のファイナルで3度目の優勝を果たし、自身も3度目のファイナルMVPを獲得していた。ジョーダンが望むなら、このまま永遠にジョーダンが居るシカゴブルスが優勝し続けるんじゃないかと思っていた。しかし、そのシーズンを終えた後に、ジョーダンを支えていた父が殺された。ジョーダンと父の関係は他の父と息子の関係よりも堅く結ばれていた。3度目に優勝した時にも父はジョーダンの側にいて抱きしめた。しかし何者かがその関係を引き裂いた。それが引き金となり、バスケットへの情熱よりも父との約束を果たす事を決意する。誰もがびっくりする事くらい、ジョーダンが一番よく分かっていたと思う。「神」と呼ばれた男が、また一から始める。そして人は「神」にまた完璧を求め、ホームランを必要以上に期待する。

普段はフェラーリに乗っている男が、マイナーチームのバスに乗る。相当の覚悟があった筈。男同士の約束を果たすためだけに。そのひたむきな男の姿があったからこそ、マイケル・ジョーダンという男はやはり「神」なのである。

(8/30/11:DVDにて鑑賞)